« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

スケッチ展無事終了した

02
2012.01.28 会場

 スケッチ展が無事終了した。記名帳によれば来場者48名、ありがとうございました。地図が分かりにくくて迷った人が多かった。ひょっとしてたどりつけなかった方もあるかも知れない。隠れ家的なギャラリーなのでご容赦願いたい。

01
2012.01.28 会場

 ギャラリーオーナーの矢部さんが大層な読書家で、彼の希望で本を読むような文字多めの構成にした。ゆっくりと読んでくださる方も多くて嬉しかった。わたしの作品はスケッチと文章とのコラボになっている。スケッチを褒められるのも嬉しいけど、文章をおもしろがってもらえるともっと嬉しい。

03
2012.01.28 絵はがき販売

 今回は初めてギャラリートークのネット中継をした。案外簡単でおもしろかった。2回とも8名ほどの参加があった。友人が多かったのと若い人が多かったことで話しやすかった。片岡安と河合浩蔵について語ったが、装飾分解を中心に据えた切り口はほかには無いと自負している。楽しんでもらえたなら幸いだ。

04
2012.01.28 矢部さんの作ってくれた美麗なポスター

 このスペースは町の縁側として建築家の矢部達也さんが開いた。カットザコーナーという名前は角地にあることに由来するが、町角というしゃれにもなっているのだろう。彼はここで不定期になにかしら開いている。ギャラリーとはベネチアにあるような都市の町角にある廻廊のことだ。それこそパブリックスペースであり町の縁側とはパブリックスペースを取り戻す実験なのではないかと思っている。そこへわたしも48名の来場者も参加したというわけだ。矢部さん、お世話になりました。ありがとう。

05
2012.01.28 まちの縁側「カットザコーナー」

CUT the CORNER meets 建築たぬき 
円満字洋介スケッチ展 近代建築編

「京都大阪神戸名建築ガイドマップ」出版を記念して同書収録50枚の近代建築スケッチをエッセーつきで展示します。

2012.01.21(土)- 28(土)、24(火)休館、1100-1800、
会場 CUT the CORNER 大阪市福島区野田2-2-16矢部達也建築設計事務所1階、http://www.dezanani.net/cutthecorner/
作者在廊21(土)22(日)28(土)、入場無料

21(土) 1700-1900 レセプション、入場無料、当日受付
22(日) 1900-2100 建築たぬきラジオ 近代建築ヲタク談義、入場無料、定員20名様
28(土) 1900-2100 建築たぬきラジオ 同上

| | コメント (2) | トラックバック (1)

上狛の風景 木津川川原

木津川アート2012出展作品 16/18
Kawara

 川原で木が倒れていた。根を持ち上げて横倒しになっている。それに水草が巻き付いて激しい水流を物語る。恐竜の化石のようにも見えてちょっと不思議なオブジェだ。全体的に左から右へ流れるラインで構成されていて美しい。もっと近づいて描いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora1201311
2012.01.31

 寝坊したのですっかり日が昇っていた。それはもうこれ以上ないくらいの快晴だ。高高度の絹雲がくらげのように浮かんでいる。あれがだいたい高度10kmだ。あそこまでが対流圏でその上が成層圏になる。成層圏が50kmまでで、その上100kmから上はもう宇宙だ。地球は青いというが宇宙こそ青いのではないか。葉っぱの上で霜が溶けて水玉になっていた。水玉に宇宙が映っている。

Sora1201312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120130
2012.01.30 昼ごはん

 外食で三大デブ食を禁じられると、どこでなにを食べればいいのか困る。なぜ焼き魚定食がどこにも無いのか。煮魚定食もない。回転寿司はあるけどそれじゃあ身体が冷えるだろ。というわけでカレーうどんにしてみた。カレーうどんおいしいよね。カレーは禁止じゃなかったのかって? いいんだよ! カレーうどんはセーフなんだよ!

2012.01.30(月)
朝体重76.75、3日平均76.5kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 納豆80、野菜スープ2杯160
間 おかき80、さつまいもパン半分120
昼 シーチキンのパテ2切れ240、サンドイッチ300、野菜スープ80、パプリカきぬさや5、ほうれん草のおしたし60 
夜 カレーうどん大盛り650、鶏天ぷら100、ビール123、発泡酒110、キリンフリー63 [2,171kcal]
酒 ビール(350ml×5%)+発泡酒「粋生」(350ml×4.5%)=15.75ml
歩 8,203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

京都の朝空

Sora1201301
2012.01.30

 夜明けが早くなっている。今朝は6時58分で数日前より2分早まった。風はなくそれほど寒くはない。丹波高原の分厚い雪雲が西山連山の縁からあふれだそうとしているが、京都盆地の上空は晴れている。地面にへばりつくような雪雲はまるで天地が分離するときの世界に見える。重いものは下がり軽いものは上がって世界ができる。古事記も旧約聖書も世界のはじまりのイメージは同じだ。高高度に絹雲がたなびき朝日に輝いているのが美しい。

Sora1201302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120128
2012.01.28 お弁当(スケッチ展最終日)

 外食してはならないものが決まった。カレー、ラーメン、O将の3つ。これらを三大デブ食と呼ぼう。三大デブ食おいしいね。まだ76kg台を周遊している。節酒の効果はまだ出ない。

2012.01.29(日)
朝体重76.20、3日平均76.3kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 なし
昼 ごはん235、ワンタンスープ200、厚揚げと菜っ葉の煮物80、菜の花のおひたし40 
間 お菓子120
夜 カレー中華600、発泡酒110、キリンフリー63 [1,448kcal]
酒 発泡酒「粋生」(350ml×4.5%)=15.75ml
歩 5,040

Gohan120129_2
2012.01.29 京一食堂「カレー中華」(京都市阪急大宮駅)

 京一食堂の「京一うまいカレー中華」おいしいね。甘い味付けで塩辛く、ちょっとだけピリッと辛い。中に豚肉細切れとカマボコとネギとタマネギが入っている。暖まることこの上なし。

2012.01.28(土)
朝体重76.60、3日平均76.7kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.9kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80、おにぎり200
間 おかき60
昼 ごはん235、ブロッコリーと豚肉のショウガ焼き240、菜の花おひたし40、漬物5、みそしる2杯120
間 おかき120、チキンカツ230、焼き鳥180
夜 パスタ小皿120、ピザ1切れ200、ビール298、発泡酒110、清酒189 [2,507kcal]
酒 ビール(850ml×5%)+発泡酒「粋生」(350ml×4.5%)+清酒「月」(180ml×15%)=85.25ml
歩 7,352

Gohan1201271
2012.01.27 お弁当(スケッチ展会場)

 スケッチ展会場で食べるお弁当は格別だ。文化祭的な雰囲気が楽しめる。その雰囲気が好きというだけで毎年こんなことをしている。

2012.01.27(金)
朝体重76.20、3日平均76.9kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.7kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80
間 ポテトチップス264
昼 ごはん235、みそしる2杯120、ゆで玉子80、チーズちくわとブロッコリーの炒め物200、塩昆布5、きぬさやとパプリカ5
間 おかき194
夜 カキ6個入り味噌煮込みうどん800、ビール175、発泡酒110、キリンフリー2本126 [2,654kcal]
酒 ビール(500ml×5%)+発泡酒「粋生」(350ml×4.5%)=40.75ml
歩 14,464

Gohan1201272
2012.01.27 あまの「カキ入り味噌煮込みうどん」(大阪市梅田、ホワイティうめだ)

 カキ入りだと500円ぐらいアップするので敬遠していたが、カキの季節も終わりそうなので思い切って頼んでみた。ぷりぷりのカキが6個ほど入っている。八丁味噌の酸味のある濃い味とよく合ってうまうまである。味噌煮込みうどんの味はカキが入っても同じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

京都の朝空

Sora120127
2012.01.27

 地上は無風。よく晴れている。上空の雲は西から東へ流れている。それほど寒く感じない。氷は張っていた。よく見ると霜もうっすらと降りている。日の出前だがもうすっかり明るい。世の中が始まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 鉄のなにか

Tetu01
2012.01.20 大阪市川口

 昭和橋の近くにこれがある。これは一体何なのか? 鋼矢板(こうやいた)が戦後のものに見えるので、そんなに古いものではない。1970年代と言ったところか。矢板の内側をコンクリートで固め、その上に4本のアンカーボルトで留められている。右側に蝶番が見えるので、上部のカギ型が回転するわけだ。よく分からないのは左側のハンドル状のもの。もしハンドルだとして、それを回すとどの部分が動くのか。やっぱり分からない。

Tetu02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120126
2012.01.26 あんかけうどん

 ビールは高いので発泡酒を買ってきた。国産ではない。「粋生」はタイ産だ。今後円高が進めばもっと安くなるのだろうか。ついでにキリンフリーも買ってきた。中継ぎに飲む。

2012.01.26(木)
朝体重77.75、3日平均76.9kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 ソーセージ4本220、ポタージュスープ80、ほうれん草とブロッコリー炒め80
昼 あんかけうどん450
間 炒り豆80
夜 ごはん235、みそしる3杯180、ブリあら炊き320、かにニンニクバター炒め3本120、粋生2本221、キリンフリー1本63 [2,049kcal]
酒 発泡酒「粋生」(700ml×4.5%)=31.5ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

岸和田の時雨餅

Siguremoti
2012.01.21 岸和田銘菓「時雨餅」竹利商店

 スケッチ展で店番していたら建築家の田所さんがお見えになってお菓子をくれた。昔風の包装紙に「こえなくひとをよぶ」とある。なんとおもしろいキャッチコピーなのだろう。中には紅白2本の時雨餅があった。和風スポンジケーキという風情で伊予の「かるかん」に似ている。素朴な甘さとぼそぼそした食感の楽しいお菓子だ。さすが城下町にはおいしい茶菓子がある。お殿さまに献上したところ手に取るとぼろぼろくずれて落ちるので「時雨」のようだとこの名前をくださったとか。それって褒めてないね。田所さんありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 淀川放水路

Yodogawa
2012.01.22、淀川

 阪急電車に乗って車窓を眺めていたら淀川が鏡になっていた。町が宙に浮いたように見える。不思議でとても美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 阪神高速阿波座出入り口

Hansinkousoku
2012.01.20、大阪市阿波座

 阪神高速の交差点部分は何重にも重なっていていつもきれいだなぁと見上げている。見上げながら歩いていたらクラクションを鳴らされた。あぶないあぶない。さて、こういうのを見ているとなんでもできるんだなと思う。交差点なので柱が立てられず、それでいて右へ左へ曲がったダイナミックな橋桁がこともなげに架かっている。地上の車と見比べてみれば相当太い橋桁なのだが、それが重さを感じさせず浮いているように見える。不思議で美しい。

 ウイッキによれば1966年3号神戸線開通、1974年16号大阪港線開通だからもうすぐ50年になる。写真一番下が神戸線で、その上が大阪港線なのだが一番上が分からない。ちなみにここのひとつ東側、本町の信濃橋出入口もきれいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上狛の風景 泉大橋

木津川2011出展作品 14/18
Izumioohashi
2011.11.06/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市

 ゲルバー式トラス橋は珍しい。1951年架橋という。これは地元の方の希望で描いておいた。この特徴的なトラスが愛着を生んでいるのだろう。ウイッキによればカンチレバー式とも言うらしい。持ち送り梁式とでも訳すか。橋脚の上に柱を立てて左右に腕を伸ばす。橋脚間が長いのでそのままでは腕は互いに届かない。その腕と腕とのすきまに小さなトラス橋をひかっけるという構造らしい。よくできている。そして美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120125
2012.01.25 和風パスタ

 節酒とか言っておきながら、いきなり宴会だ。ま、ビールだけにしておいたんだからね。でもどれだけ飲んだかよく覚えていない。1リットルくらいではないかと思われるが。

2012.01.25(水)
朝体重76.10、3日平均76.8kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 ソーセージ220、ポタージュスープ80、茹でほうれん草トンカツソース180
昼 パスタ450、クッキー40
夜 ちゃんこ鍋541、うどん1玉260、ビール350、清酒105 [2,226kcal]
酒 ビール(1000ml×5%)清酒「月」(100ml×15%)=65.0ml
歩 4665

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora1201261
2012.01.26

 日の出前の東の空。厚い雲に覆われて日の出は見えない。しかし雲が高いため、その下や上に遠くの朝焼け雲が見える。これから晴れていくのではないか。霜は降りていなかったが、氷は張っていた。地表面の気温だけ零下になったということか。それとも空気が乾燥しているのだろうか。ヒートテックの上下を着込んでいるので暖かい。上空は風が吹いているようだが地表は微風だ。耳に当たる風が音をたてる。これは風が鳴っているのか耳が鳴っているのか。

Sora1201262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上狛の風景 旧泉大橋橋脚

木津川アート2011出展作品15/18
Kyoukyaku
2011.11.06/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市

 泉大橋の500mほど下流に、旧泉大橋のコンクリート製の橋脚の残骸が残っている。倒れているのは勝手に倒れたのか、それとも水流の邪魔にならないようにわざと倒したのか。円筒形のコンクリート製で水草がびっしりと巻き付いていてすごみがある。

 2本見えるのは2本でセットだったのだろう。広い川原には同じようなものが対岸まで等間隔に点々と続いている。これの詳細は山城町史に載っていたと思うがよく覚えていない。たしか大正時代くらいのもので戦後に流れたのだったか。橋脚はコンクリート製だが、橋桁は木造のトラスだったようだ。写真が載っていた。

 今回わたしの配属された会場のオーナーが流れたときのお話を聞かせてくれた。流れる寸前に橋を渡ろうとした人がいたが途中で橋ごと流されてしまった。木ぎれにつかまりながら浮つ沈みつして流されていくのをみんな見ていたそうだ。いろんなものがひっかかってダムのようになった橋の中央がふっと浮き上がって流れ始めると、つられて隣接するトラスが次々と流れされていく。目に浮かぶようだ。奇跡的にその人は下流の八幡で助けられたという。すごいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

スケッチ展「CUT the CORNER meets 建築たぬき」1/28(土)まで

Cuttheconer
2012.01.20 設営時

 カットザコーナーでスケッチ展を開催中。今週の土曜日まで。カットザコーナーを主宰している建築家・矢部達也さんのリクエストで本を読むような文章多めの展示構成にした。建築探偵が建築の謎に迫る。

展覧会詳細 http://www.dezanani.net/cutthecorner/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワークワークファンタジア(26)

 古城もすでにワークワークたちに制圧されていた。石垣のなかにいくつかの草ぶきの倉庫群があった。水田は神のものだったから、そこで収穫されたものはいったんここへ集められて神にささげられた。人間はそのあとでお下がりをいただくのである。
 奥に神殿のような建物があった。その背後のがけに地下へ降りる入口があった。そこはもう何年も人が入った気配がない。テグ人たちが手分けして通路に灯りを置いていった。通路は馬が通れるほどの広さがあった。岩盤をくり抜いた鉱山の坑道のようなもので、横穴と竪穴が組み合わされて次第に地下へと降りていく。 
 竪穴は大きな円筒形でらせん状に階段が刻まれている。ひときわ大きな竪穴があり、次々と灯される明かりに照らされて、その底に祭壇があるのが分かった。
 
 「ここじゃな」

 底は鉄鉱石が露出していた。それを刻んで四角い祭壇のようなものがあった。隅に太鼓がいくつかあった。

 「テグのものでこれが使えるものはおるか。」
 「このものが使えます」

 差し出されたのは小さな男の子だった。さっそく床に散らばる太鼓のなかで使えそうなものを選び、皮を張りなおし始めた。巫女はテグ人たちに四角い祭壇のようなものを水で洗わせた。表面は鏡のように磨き上げられていて、明かりのともったらせん階段が映り込んでいた。穴の底へ降りてきたらせん状の明かりの列と映り込んだそれがつながっているように見える。まるでそれは暗い宇宙にうかぶ一筋のらせん状の星たちに見えた。これを龍に見立てていることは明らかだ。

 「これは何の祭壇なのか。」
 「祭壇ではない。これは舞台じゃ。」

 将軍の問いにそう答えると巫女は軽々と舞台に飛び乗った。そして滑ってころんだ。

 「くつを脱がねばならぬ。」
 「ここで何をするのかね」

 今度はテグの長老が尋ねた。巫女は乗馬用の網くつをほどいて裸足になりながら答えた。

 「もちろん舞うのじゃ。おまえたちとて、ここでどのような祭りが行われたのか覚えているものはもうおらぬじゃろ。でもな、われわれが天神をまつる方法はただひとつしかない。巫女が舞うのじゃ」

 古墳時代の祭祀は易に書かれているような内容でだったと思っている。もっとも使いやすいのが「天沢履(てんたくり)」と「地山謙」だろう。「天沢履」は沢である巫女が天をまつることで「履」が得られるというもの。「履」とは自然の恵みが履行されることが。沢は兌(だ)と書き、これは巫女が神の言葉を告げる象形文字だとされ、また同時に喜ぶという意味もある。

 易では天は父親、兌は小女に該当する。天神をまつる巫女はまだこどもの少女でなければならない。だからもうそこに兌がいるだけで祭祀としては完成しているのだが、それを強調するために喜びを表現するわけだ。そこでバリエーションが生まれるわけだが、もっともポピュラーなのが舞であるようだ。わたしは祇園の舞子もこれだと思っている。


※ この妄想小説はホームページの日記で「古墳時代」というタイトルで書き始めたエッセーが途中から小説に変化したものだ。

過去ログ一覧はここ http://tanuki.la.coocan.jp/diary-log.html

「古墳時代(1)」は2011年8月下旬のここ http://tanuki.la.coocan.jp/log/log1108-3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120124
2012.01.24 お弁当

 スケッチ展の準備でダイエット日記を6日も休んでいた。実はそのあいだに体重は下がっていたのだが今は元に戻っている。傾向としては76kg台が定着したようなので次は75kg台をねらいたい。そのためにもっとも効果的なのは飲酒を控えることだろう。この6日間の飲酒によるカロリー摂取は1日平均548.5kcalで牛丼並盛に当たる。せめて発泡酒2本(245kcal)にすればどうか。あとで買いに行くか。

2012.01.24(火)
朝体重76.95、3日平均76.7kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 天むす350、
昼 ドライカレー350、マッシュドポテト120、みそしる2杯120
夜 厚揚げと菜っ葉の煮物120、菜めし250、いくら10、カブラとコンニャクの田楽180、クッキー60、清酒378 [1,938kcal]
酒 清酒「月」(360ml×15%)=54.0ml
歩 6121

2012.01.23(月)
朝体重77.40、3日平均76.0kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 なし
昼 鴨鍋300、ラーメン400
夜 玉子中華600、清酒378 [1,648kcal]
酒 清酒「月」(180ml×15%)=54.0ml
歩 10887

Gohan120123
2012.01.23 京一食堂「京一うまい玉子中華」

2012.01.22(日)
朝体重75.6、3日平均75.4kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 インスタントラーメン450
昼 おにぎり250、キッシュ250
夜 おにぎり3個750、ピザ4切れ600、パスタ小皿200、唐揚げ1個80、ビール368、ワイン210 [3,158kcal]
酒 ビール(1050ml×5%)+ワイン(200ml×15%)=82.5ml
歩 6307

2012.01.21(土)
朝体重77.10、3日平均76.0kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 ごはん235、カレーそぼろ180、ゆで玉子80、キャロットスープ2杯160
昼 蒸し菓子180
夜 フランスパン180、ジャガイモのパテ220、チーズと生ハムのクラッカー添え4個160、薄焼きピザ小皿220、カレーピロシキ1個300、ビール350、ワイン420、ウイスキー464 [3,149kcal]
酒 ビール(1000ml×5%)+ワイン(400ml×15%)+ウイスキー(200ml×40%)=190.0ml
歩 3752

2012.01.20(金)
朝体重77.10、3日平均76.8kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 キャロットスープ80
昼 おにぎり250
夜 ソーセージ2本240、ミニステーキ3切れ120、ビール210、清酒268 [2233kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+清酒「月」(180ml×15%)=48.0ml
歩 14353

2012.01.19(木)
朝体重77.60、3日平均77.0kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 ぶりあら炊き240
昼 牡蠣フライ4個320、ミニトマト80、漬物10、ごはん235、みそしる120
夜 ローストビーフ280、ごはん235、かぶらと厚揚げの煮物120、みそしる120、発泡酒245 [2,005kcal]
酒 発泡酒(700ml×5%)=35.0ml
歩 測定せず

Gohan120119
2012.01.19 自家製ロストビーフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

建築たぬきラジオ(1)


2012.01.22

 大阪の建築家・片岡安がおもしろいので紹介してみた。大阪市野田の「カットザコーナー」で収録。1時間半ある。

「CUT the CONER meets 建築たぬき、円満字洋介スケッチ展 近代建築編」でのギャラリートーク 「建築たぬきラジオ(1)」 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 リーガロイヤルホテル

Rihgaroyal
2012.01.13

 大阪中之島のリーガロイヤルホテルは手もとの資料では1973年、吉田五十八と竹中工務店の設計になっている。ラウンジに面した中庭に瀧が落ちる構成は、京都のフジタホテル(吉村順三、1970)や京都全日空ホテル(富家宏泰、1986)などと同じだ。70年代に流行ったのだろう。

 中之島の西のほうにはもう古いもの無いという先入観を持っていたが、それは大間違いだった。行ってみると西館がけっこう古そう。帰ってホテルのホームページを見るとこうある。

1935 新大阪ホテル開業
1963 大阪ロイヤルホテル地鎮祭
1965 大阪ロイヤルホテル開業
1973 新館オープン

 武田五一のかかわった新大阪ホテルは1963年に解体されて、その後に西館まわりが建ったわけだ。ラウンジや瀧のある中庭もそのときのものかも知れない。その設計も吉田五十八だったのか。

 吉田五十八は関西であれば奈良県の大和文華館や、今はもうないが道頓堀の浄瑠璃劇場・朝日座の設計者として知られる。彼の再構築した和風は、明るくて親しみやすく、それでいて落ち着いた雰囲気があるのでわたしは好きだ。だからこの瀧のある中庭とラウンジも彼の設計なのだと思う。またそのうち調べてみようか。

※ 追記 「ガイドブック大阪の建築、1972年版」を見ていたらデータがあった。1965年竣工、吉田五十八研究室+竹中工務店設計、竹中工務店施工、鉄骨鉄筋コンクリート造地下2階地上14階建て。(2012.01.26)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

京都の朝空

Sora120119
2012.01.19

 曇が多いが空は高い。微風があるが雲は動かない。雲は沸き立てのようにモロモロとしている。上空に寒気が流れ込んでいるのだろうか。霜は降りておらずそれほど寒くない。天気はこれから悪くなるらしい。そういえば雨の少ない冬だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120118
2012.01.18 京都大丸の北側「風景」の焼き魚定食

 焼き魚定食を食べていると建康になるというのは本当ですか。というわけで王将はやめて魚定食を続けてみた。「風景」はマスターがギタリストの居酒屋さんだが無口の板前さんが奥にいて、お昼にはおいしいランチを作ってくれる。

 話は変わるが、バーカウンターで酒を飲むという大人なシチュにあこがれる。でも「大人な」であるためには飲むものを選ばないといけない。たとえばこの「風景」だって、かっこいいバーカウンターがあるわけだが、わたしはいつもそこで生ビールを飲んでいる。これは絵的に「大人」ではない。「大人」はウイスキーやバーボンなどの蒸留酒を好むのだ。でもわたしがウイスキーを頼んだとしてもガブガブとすぐ飲んでしまうだろう。「大人」はそんな飲み方をしない。もっと「大人」を研究せねば。

2012.01.18(水)
朝体重77.10、3日平均76.9kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、豆乳130、とろろ昆布60
昼 ごはん235、みそしる60、さば塩焼き200、冷や奴55、玉子焼き2切れ94、里芋と野菜の煮物小鉢60、10
夜 ごはん235、みそしる120、ぶりのあら炊き200、かぼちゃ煮物小皿80、発泡酒123、清酒441 [2233kcal]
酒 発泡酒(350ml×5%)+清酒「月」(180ml×15%)+清酒「満天星」(240ml×15%)=80.5ml
歩 9843

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

京都の朝空

Sora1201181
2012.01.18

 日の出が1分早くなって7時4分になっていた。京都盆地は東山があるためこれより数分遅いけど。これ以上無いというくらいの快晴で、どうりで昨夜の夜空が美しかったわけだ。畑にはびっしりと霜が降りていたがそれほど寒いわけではない。北方も西方も雪雲はなくヒエイ山もアタゴ山もくっきりと見えた。さて、きょうも忙しいがユルユルいこう。そして早めに抜栓したい。

Sora1201182
2012.01.18、月齢26日

Sora1201183
2012.01.18、霜がびっしりと生えている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリオン座

Seiza120117
2012.01.17午後9時

 空気が澄んでいる。手持ちのデジカメで写してフォトショップで感度を上げたら写っていた。デジカメすごい。

 オリオンの左肩が冬の三角のひとつベテルギウス。太陽系よりも大きいという途方もない赤色巨星だ。その赤い色が平家の赤い旗を連想させることから源氏星と呼ばれる。

 オリオンの右上におうし座が見える。中心はアルデバラン。これは連星で、たしか「銀河鉄道の夜」に出てきた。さすがにここでは銀河は見えない。この星はビールのような透明な麦色をしている。星は望遠鏡で見てもどれも同じに見えるが、この星の麦色は望遠鏡で見ても美しい。その右上に昴(すばる、プレヤデス星団)が見える。これは写真で見るよりもっとはっきりと真珠のネックレスのように見えた。

 久しぶりに星を見た気がする。デジカメだと案外簡単に撮れるのかも知れない。もっときれいに撮ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1201171_2
2012.01.17、お弁当

 きのう精華大学で千束さんに会った。彼女も非常勤なのだ。彼女は背が低いので見渡してもすぐに視界に入らない。下のほうから声がするので見下ろすとそこにその非常勤はいた。彼女は最終授業が終わったところのようでニコニコだ。

チヅカ やあひさしぶりやね
タヌキ ああ
チヅカ えんまんちゃんもきょう最終?
タヌキ そう
チヅカ あれ・・・太ったんとちゃう? ダイエットしてる?
タヌキ もうだめなの! もういいの!(逆ギレ)

 久しぶりに会うとこれだ。というか、久しぶりだからよく分かるのか。ま、ダイエットするけどね。そのうちにね。

2012.01.17(火)
朝体重76.20、3日平均77.0kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 なし
昼 ごはん235、みそしる120、ブロッコリーとソーセージ炒め120、玉子焼き120、漬物と塩昆布5
夜 天むす350、カレー中華600、ビール210 [1,760kcal]
酒 ビール(600ml×5%)=30.0ml
歩 10857

Gohan1201172
2012.01.17、京一食堂「カレー中華」

 京一食堂の定番と言えばこのカレー中華。甘いカレーだ。ラーメンはナルトの入った昔風の中華そば。そのしょっぱさとカレーの甘みとがよくマッチしている。これにライスが付けば最強である。デブ寄りの味「カレー中華」おいしいよね。

2012.01.16(月)
朝体重77.25、3日平均77.7kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80
昼 ごはん235、さば塩焼き120、刺身小皿80、まぐろとサバの煮物小鉢120、漬物10、お吸い物60
夜 カニの水炊き400、カニ雑炊300、ビール245、清酒189 [2,099kcal]
酒 ビール(700ml×5%)+清酒「月」(180ml×15%)=62.0ml
歩 10498

Gohan120116
2012.01.16、梅田新食道街「丸」の焼き魚定食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

たぬきのダイエット日記

 チキンラーメンが375キロカロリーしか無いのなら、シリアルとポタージュスープより満腹感があるのではないか。朝からチキンラーメンとは素敵すぎるな。チキンラーメンは内容量が他のインスタントラーメンより少ない85グラムなんだね。だから比較的低カロリーなんだ。チキンラーメンおいしいね。

2012.01.15(日)
朝体重77.60、3日平均77.9kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80
昼 チキンラーメン375、ごはん235、玉子入り味噌汁140、きゅうりの醤油漬け5、ほうれん草のおしたし5
夜 カップラーメン400、ビール368 [1,868kcal]
酒 ビール(1050ml×5%)=52.5ml
歩 2469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120116
2012.01.16

 京都は薄曇りだ。風が無いのでさほど寒さを感じない。霜も降りていない。日の出前だがもうすっかり明るい。車通りも多く電車の音も大きく聞こえる。世間並みの日常はもう始まっているのだ。まだ薄暗い夜明け前の独特の感じは消えて無くなっている。もう少し早起きするべきか。往く夜を惜しむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

五行説メモ 東山パノラマ

Higasiyama1
2009.11.27/クロッキー帳ポケット版、0.5シャーペン2B/京都市北区等持院

 部屋を片付けていたら興味深いスケッチを発見した。本野邸の屋根工事のときに屋上から眺めた風景で、この連山は京都盆地の東を縁取る東山だ。いずれ紹介しようと思ってそのまま忘れていた。

 東山三十六峰などと言うが、そんなにたくさんには見えない。絵にあるとおり目立ったピークは4つある。左から比叡山(848)、如意ヶ嶽(472)、清水山(242)、稲荷山(230)。標高を調べてみたが、おおむねスケッチ通りだった。

 風水で言えば東山は青龍を形作る。鴨川が青龍だと思われているが、それは後代のことで平安遷都のころは東山自体が青龍だと考えられていたようだ。現代風水で考えても東山は青龍に当たる。風水は環境科学だから盆地を護る東端の山並みを青龍と名付けて重視するわけだ。だから全体としては龍の木気が支配する領域なのだが、細かく見ていくと部分ごとに個性がある。そこが風水のおもしろいところだ。

Higasiyama2_4

 比叡山(日吉山)
 こうやって描いてみても比叡山が特別な山であることが分かる。形もさりながら標高が高い。日吉(ヒエ)神宿る山として相応しい。平安京はこの神山を易経先天図の「山」(やま、さん)に当てたのだろう。そのままで芸がないけど、これ以上無いくらいに納まりがよい。

 如意ヶ嶽(にょいがたけ、大文字山が西斜面にある)
 あまり意識されていないが如意ヶ嶽も重要目標であることが分かる。ここは大文字の山としても有名だ。この山は平安時代末に要塞化し首都争奪戦の拠点となった。如意というぐらいだから如意輪観音の霊場なのは間違いない。昔から霊域を要塞化するのは、神を背にすることで敵方の戦意をくじく作戦かと思われる。

 方位としては先天図の「雷」(かみなり、らい)に当たるが、雷は木気なので同じ木気の観音と対応する。ちなみに平安京を配置するに当たって目印にしたと言われる吉田山はこの前にある。如意ヶ嶽と吉田山はセットで考えたほうが良いだろう。木気の霊場を都の目印にしたのは生命誕生の木気にあやかろうとしたに違いない。だとすれば、平安遷都時にすでにここは観音信仰の霊場だったことになる。まあ、そうなんだろうな。

 清水山(きよみずやま、鳥辺野)
 台地状になっていて鳥辺野(とりべの)と言われる葬送地として知られる。弥生時代からの埋葬遺跡が出土し今でも大規模に墓地が広がる。ここが一番おもしろい。先天図では沢(さわ、たく)になるが、やはり天神を祀る川原の意味だろう。鴨川がここだけ平安京の内部に入り込むがそこが沢で、祀られる天神が清水山なのだと思う。

 稲荷山
 言わずと知れた伏見稲荷がここ。稲荷神は土気だと民俗学者の吉野裕子は言ったが、その根拠のひとつが山頂が真っ平らであること。確かに山頂がまっすぐだ。風水は山の形に五行を当てはめたが土気はこういう台形の山なのだ。

 この山は長岡京の雷に当てられたとわたしは思うが、平安京にあってはていねいに除外されている。土気が強すぎると考えたのだろう。稲荷神は日吉神と同様、古墳時代の信仰と考えられているが、この扱いは最後まで迷ったようだ。最終的には空海が稲荷神自身と出会い東寺の守護神として祀ることになった。空海ってなんでもありだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上狛の風景 福寿園

木津川アート2011出展作品 13/18
Hukujyuen
2011.11.13/ケナフ紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市

 福寿園にも良い形の工場が残っていた。ここには4~5棟並んでいて、この右側に木造工場が並んでいる。この絵にある一番端のが一番新しいようだ。これだけは鉄骨かも知れない。壁面に福寿園のトレードマークがあって国道からよく見える。

 福寿園には戦前の工場も残っていて、そこは資料館になっていた。いろんな機械が残されていて見応えがある。機械にはそれぞれ特許のプレートが誇らしげに付いていた。地元の発明が多いようだ。ここが技術革新の連鎖反応のあった「都市」であることを教えてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

たぬきのダイエット日記

Gohan120114
2012.01.14、関大

 スポーツ心臓が心筋梗塞につながると聞いて「うそ!」と思ったが、スポーツ心臓は運動をやめると数年で普通の心臓に戻るんだそうだ。なんだ、驚かせやがって、突然死とかマジで考えたじゃないか。ていうか、よく考えたら肥満こそ心筋梗塞の近道なんじゃね? ま、知っているけどね。

 寝違えてぎっくり腰になったので、食べることで治癒させることにした。というわけでまさかの連日王将ランチをいただいた。この脂っこさこそ肥満の素なのでは? ま、知ってるけどね。

2012.01.14(土)
朝体重78.20、3日平均78.0kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80
昼 ごはん235、みそしる120、きゅうり醤油漬け60、ブロッコリーとパプリカと豚肉ショウガ焼き220、おにぎり200
夜 ごはん235、カレイ塩焼き小2尾128、みそしる2杯120、ビール368 [2,026kcal]
酒 ビール(1050ml×5%)=52.5ml
歩 8328

2012.01.13(金)
朝体重77.95、3日平均78.0kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、牛乳130、おにぎり2個500
昼 ごはん235、みそしる120、焼きシャケ小80、かぶらと厚揚げの煮物120、漬物5
夜 ギョウザ2皿692、ジンギスカン680、ビール210、おにぎり300 [3,202kcal]
酒 ビール(600ml×5%)=30.0ml
歩 11830

Gohann120113
2012.01.13、摂南大

2012.01.12(木)
朝体重77.70、3日平均78.6kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80
昼 ラーメン550、やきめし小300、サラダ80、コロッケ185
夜 タマネギ80、手羽先2本160、ごはん235、キュウリ醤油漬け60 [1,990kcal]
酒 なし
歩 3279

Gohan120112
2012.01.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120114
2012.01.14

 降霜なし。薄曇りで無風。京都盆地一面が覆われていて月も見えない。地表にはもやがかかって暗い。しかし西山連山の上に粉雪は見えず雪雲ではないようだ。空気が湿っているのは気温が比較的高くて上空も地表もそれほど冷えてないということなのか。うかつにも薄ぼんやりとした1日が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

京都の朝空

Sora1201131
2012.01.13

 霜が降りている。体感温度が低い。地表の大気が冷えているのだろう。京都盆地上空は快晴だ。西の空に月が戻った。しばらく朝の散歩はお月さまと一緒だ。これが欠けて新月になれば旧正月である。お正月まで後10日。春を待っている。

Sora1201132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

たぬきのダイエット日記

Gohann120111
2012.01.11 家ごはん スパゲッティ

 肥満のせいでイビキがひどいため、家族と離れて居間でひとりで寝ていたら腰痛がひどくなった。きょうは仕事をキャンセルして接骨院へ行くことにした。歩けないほどひどいわけではないが、ちょっとでも痛いところがあると不機嫌になるな。本日は休業する。

2012.01.11(水)
朝体重78.20、3日平均78.6kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 玉子入りみそしる140、ごはん180、スパゲッティ小皿120
昼 スパゲッティ550
間 おかき120、最中80
夜 鴨鍋600、うどん1玉230、ビール245 [2,265kcal]
酒 ビール(700ml×5%)=35.0ml
歩 3425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120112
2012.01.11

 散歩に出たらもう日が昇っていた。やはり日の出前でないと自省的になれないな。うっすら雪が残っており、西山連山の上から粉雪が霧のようにあふれているのが見える。京都盆地上空は青空だ。地上は微風ながら冷気がたまっている。きょうも寒い1日が始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

上狛の風景 製茶工場

木津川アート2011出展作品 12/18
Seityakouba
2011.01.02/ワトソン紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市

 形の良い製茶工場だ。戦後のものに見えるが、もう少し古いかも知れない。屋根上にガラリ付きの蒸気抜きがあるのが製茶工場の特徴的だ。入り口の鉄扉と軽い庇がかっこいい。丁寧に使い込まれた工場だけの持つ良さがある。上狛にいくつか残る木造の古い製茶工場のなかでも大きいほうだろう。しかし今は使われていないようだ。これだけしっかりした建物なんだから、うまく使えば楽しいと思う。そう思って描いてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1201101
2012.01.10 おべんとう

 肥満が定着してきた。そのせいで酔うといびきと無呼吸がひどいらしい。睡眠不足が精神に影響を及ぼし何かに追われているような気分が続く。で、そんなとき外食すると食べ過ぎるという悪循環。きのうは遅い夕食だったのでラーメンや王将は避けるべく京一食堂へ入った。玉子中華というのものがあることを発見し発注。ここの中華ソバは昔風のちょっと甘めで塩辛い味付けだが、それと薄味の玉子とシャキッとした青ネギがよく合っている。「京一うまい玉子中華」おいしいね。

2012.01.10(火)
朝体重79.80、3日平均78.4kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80、肉じゃが180、おにぎり200
昼 ごはん235、肉じゃが180、ほうれん草のおひたし40、塩昆布10、みそしる120
夜 おにぎり200、玉子中華600、ビール123 [2,117kcal]
酒 ビール(350ml×5%)=17.5ml
歩 13544

Gohan1201102
2012.01.10 京一食堂「京一うまい玉子中華」

2012.01.09(月)
朝体重77.90、3日平均77.8kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 カレーライス600
昼 カレーうどん500
夜 にぎり寿司4個240、唐揚げ80、枝豆80、覚えていないがいろいろと300、ビール350、ラーメン600 [2,750kcal]
酒 ビール(1000ml×5%)=50.0ml
歩 6487

Gohan120109
2012.01.09 家ごはんカレーうどん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120111
2012.01.11

 もう日が昇っている。霜は降りていない。雲はとても高いところで絹雲が筋模様を描き、その下をまとまった雪雲が悠々と行く。地上は薄い春かすみのようなモヤが出ていて比叡山も見えない。きょうは鏡開き。金気を割って木気を呼び覚ます新春の呪術だ。春よ来い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

たぬきのダイエット日記

Gohan1201081
2012.01.08 ラーメン岡本屋

 お昼は外食だったのでラーメンを食べた。ラーメンが食べたかったのでおいしかった。京福電鉄茶山駅近くのラーメン屋さん。麺が細くてちょっと塩辛いソバ屋風だ。人口調味料たっぷり油っ気も多くてはっきりした味だ。デブ寄りの味と言えよう。

2012.01.08
朝体重77.35、3日平均77.5kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80、ジュース100
昼 ラーメン600、果物小皿120
夜 カレーライス600、清酒378 [2,138kcal]
酒 清酒(360ml×15%)=54.0ml
歩 測定せず

Gohan1201082
2012.01.09 自宅カレー

 帰宅すると昨日のポトフがカレーに変身していた。カレーが食べたかったのでおいしかった。塩辛いソバ屋風のカレーだ。野菜が完全に溶けて骨付き豚肉の旨みが行きわたっている。素材を選べば人口調味料なんて要らないよね。酸味は無くピリッと辛い。皿をなめるように食べておかわりもした。デブ寄りの味と言えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120109
2012.01.09

 寝坊したのでもう日が昇っている。空の高いところに薄雲がかかっているが青空の見える良い天気だ。霜も降りなかったようでそれほどに寒いとも感じない。丹波高原の雪雲も今日は見えない。小春日和とはこんな日のことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

建築探偵の写真帳 住宅編 京都市岡崎

110215youkan
2011.02.15/京都市東山区岡崎

 下見板張りで縦長の上げ下げ窓という洋館建ての典型だ。木製サッシュが残っているのはすごい。とくに今すぐ修理すべきところも見当たらない。ていねいにお使いになってるのがうかがえる。学生のころに見つけてその後忘れていた。思い出して探してみたら、そのまま残してくださっていた。うれしかった。

 医院かもしくは藤井紡績の重役宅なのか。疎水際であるにもかかわらず「京都市の近代化遺産、2006」未収録なのはなぜだろう。誰も調べていないので詳細は不詳のままである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の夕暮れ

Sora120107
2012.01.07

 今朝は朝寝坊したのであわてて出動したので朝写真がない。実習が終わって帰宅するころ、いい感じの夕暮れだったのでアップしておく。夕焼けの上に一番星が見えるが、これは宵の明星(金星)かと思いきや実は木星だった。東の空にはオリオンが見え、月は十三夜。もうすぐ満月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120107
2012.01.07、お弁当

 外出時はできるだけかみさんにお弁当を作ってもらうことにしている。節約とダイエットが目的だ。下は寝屋川の学校の非常勤控え室、上は吹田の学校の研究室の写真。2日続けて実習だった。どちらもおいしくいただいた。ごちそうさまでした。

2012.01.07
朝体重78.25、3日平均77.5kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 おにしめ小皿80、みそしる60
昼 ごはん235、豚肉ショウガ焼き120、ミニトマト20、漬物5、じゃがりこ250
夜 ポトフ2杯160、ごはん235、菜の花おひたし60、ほうれん草ゴマ和え120、カズノコ小皿40、清酒378、ビール123 [1,886kcal]
酒 清酒(360ml×15%)+ビール(350ml×5%)=71.5ml
歩 7,065

2012.01.06
朝体重76.80、3日平均77.3kg
(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80
間 おにぎり250
昼 ごはん235、豚肉とネギの炒め物180、きんちゃく小2個80、みそしる2杯120
夜 味噌煮込みうどん550、ギョウザ小10個400、エビ天小皿160、ビール280 [2,595kcal]
酒 ビール(800ml×5%)=40.0ml
歩 13,663

Gohan120106
2012.01.06、お弁当

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

たぬきのダイエット日記

Gohan1201052

 もらってきたお頭つきの鯛をほぐして食べた。冷めて固まった鯛の身もうまいね。わたしは魚の身をほぐすのが大好きだ。きれいに骨と身に分けられるとてもうれしい。潔癖症で完全主義者なところがよく表れている。これって映画の演出に使えるかもね。骨だけになった鯛を誰かに見せたかったが朝早すぎたので誰も起きていなかった。

2012.01.05
朝体重77.50、3日平均77.5kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
朝 鯛の塩焼き300、ポタージュスープ80
間 おかき80、チョコ60、バームクーヘン120
昼 鯛の塩焼き入りにゅうめん400、チョコ60
夜 ねりものとニンジンスティック120、豚肉とネギの炒め物120、みそしる2杯120、清酒378 [1,838kcal]
酒 清酒(360ml×15%)=54.0ml
歩 測定せず

Gohan120105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120116
2012.12.06

 工場や高速道路などのいろんな音が聞こえてくる。正月休みも開けたというわけか。霜が降りている。微風。空は上層に絹雲が広がり下層には薄い雲が漂っている。ところどころ青空ものぞく。写真のようにもろもろと見えるのは、下層の雲が上層の明るい雲に黒い影を作っているからだ。東方は絹雲のせいで日の出は見えない。しかし京都の北や西にいつも見えていた厚い雪雲は無い。比叡山も愛宕山もきょうは見える。京都盆地周辺はきょうは良い天気になるもよう。気温は下がるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 紫野市街地住宅

01
2011.05.31/京都市北区

 京都地下鉄北大路駅の近くに住宅公団の作品があった。下は京都市が区役所に使っていた。本当はガイドマップに入れたかったのだが、建て替えが決まっていたのであきらめた。たいへん良くできた戦後モダニズムだ。

02

 上部の住宅部分は2個1のバルコニーがくっきりと濃い陰影を落としている。ほとんど20年代ドイツのジードルンク再来という感じがする。1階にはタテのルーバーが軽快なリズムを刻む。さらに、庇には丸い穴が開いていた。ここに植木を通すのでなかろうか。おもしろ過ぎる。

03

 一体誰の設計だったのだろうか。京都を代表する建築家のひとり富家宏泰は御池通りの公団住宅を設計しているが、これはどうも富家事務所っぽくない。誰だろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 梅田公共地下道

Umedatikadou
2011.08.31大阪市北区梅田、曾根崎警察前

 大阪の地下街の歴史を誰かまとめてくれないかと思いながら、自分では面倒で手がつけられない。でももし特集を組むとすれば、ここを起点のひとつにしたい。「梅田公共地下道」 まぶしい金のプレートに昭和38年(1963年)とある。公共地下道という制度があったことを知らなかった。今もあるのかこの制度?

 もちろん、そのころまでに地下鉄梅田駅改札前の地下広場と阪急デパートの地下売り場があったわけだが、広場はまだ地下街では無かった。この地下道は地上の市電車庫跡地利用と関連があるのかも知れない。跡地には曾根崎警察などが移転してきている。

 ただしこの公共地下道が地下街だったのかがどうかがよく分からない。公共地下道は名前から考えて立体交差によって歩行者の安全な動線を確保したものだろう。その動線とはなにか。東梅田駅の開業が1967年なので、それを前提としたものにも見える。

 でもわたしは地上の既存の動線を地下へもぐらせたものなのではないかと思う。既存の動線とはもちろん大阪駅前の闇市だ。闇市の動線が今もこうして残っているのかも知れない。そういえば阿倍野にもこんな通路があったな。今はもう無い闇市が駅前再開発と地下街形成のカギを握る。そんな話なのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとくにの野鳥

Tonbi
2012.01.05/京都府乙訓郡向日市

 ベランダでおかきを食べていたら大きな鳥が2羽クルクルと追いかけっこをして近づいてきた。すわ、人喰い鳥かとあわてて撮ったのがこれ。拡大したらトンビでしたよ。トンビもかわいいね。そういえばこの後カラスが2羽を追ってきたっけ。人喰い鳥ならカー助が近寄るわけないか。人喰い鳥とはハヤブサのこと。昨秋近辺で見かけたハヤブサくん、どこ行ったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上狛の風景 古民家2 角の古民家

木津川アート出展作品 11/18
Kominka2
2011.11.03/ワトソン紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市上狛

 茶問屋のひとつだ。円成寺や泉橋寺と同じ並びで、土手ができるまでここが町の端だったはずだから一等地だ。コーナー部分には煙抜きが見えるので、ここは土間でおくどさん(かまど)があったのだろう。格子の入った虫籠(むしこ)窓のある磨き上げられた黒い漆喰壁が美しい。

 この地域はもともと綿の集積地として栄えたが、明治以降安い洋綿が入るにつれ綿業は廃れた。しかし上狛は綿畑を茶畑に変えて未曾有の発展を遂げた。なぜなら明治時代の初期は日本の茶がアメリカやヨーロッパへ飛ぶように売れたからだ。

 ここは奈良と京都を結ぶ街道の木津川渡河地点で、北岸の上狛には街道沿いに茶問屋が軒を連ね新しい町並みを作った。この古民家はその一番南側の端を押さえている。ちなみに北端は銀行と茶号組合事務所(今の商工会)がある。ちょうど真ん中あたりに火の見櫓と消防車庫があるのもバランスが良い。ちなみに江戸時代から続く製茶業・緑樹園も町並みのなかほどにある。このメーカーはサントリーの緑茶「伊右衛門」で有名になった家だ。

 街道筋の製茶メーカーはどれも立派な古民家だ。スケッチしたこの家は2階建てなので明治以降のものだろうが、ほかには江戸時代と思われるものも混じっている。この茶問屋街の町並みは明治時代のものだが、その原形は江戸時代にできあがっていたのではないか。

 綿業が盛んになるのは江戸時代の後半だろう。その時期になんらかの地域経済の組み替え起こり、明治以降も綿を茶に変えて組み替えが進んだのではないか。この町並みはそのことを物語っているように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たぬきのダイエット日記

Gohan1201021
2012.01.02

 飽食の3日間だった。かみさんの実家へ行ったり新年会におよばれしたり気ままに暮らした。ますむらひろしの「アタゴール物語」にあるお正月まで食べ続けるお祭を思い出した。ずっとお正月だったら良いのに。

2012.01.04
朝体重測定せず、3日平均76.5kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
 おせち400
 うどんすき400、おせち400
 かに400、清酒378、発泡酒123 [2,101kcal]
 清酒(360ml×15%)+発泡酒(350ml×5%)=71.5ml
 2,106

Gohan1201023
2012.01.02

 イクラが山のようにあったのでイクラ丼にした。イクラ甘いね。

2012.01.03
朝体重測定せず、3日平均76.5kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
 ごはん235、おせち400
 焼きエビ60、ローストビーフ60、こいも煮物小皿60、ホワイトアスパラ5、焼きトマト60、菜の花ゴマ和え60、白身魚唐揚げ80、焼きカボチャ一切れ40、ビール123、ワイン210
 うどんすき400、おせち400 [2,193kcal]
 ビール(350ml×15%)+ワイン(200ml×15%)=67.5ml
 8,920

Gohan1201022
2012.01.02

 カズノコが山のようにあったのでカズノコ丼にした。カズノコおいしいね。

2012.01.02
朝体重76.35kg、3日平均76.6kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)
 トマトシチュー80、ポタージュスープ80、サラミ6枚120、目玉焼き94
 サラダ60、おかき80
 おせち400、ごはん2膳470、かずのこ100
 おせち400、ごはん2膳470、刺身200、焼き鯛120、イクラ100、ビール175 [2,949kcal]
 ビール(500ml×5%)=25.0ml
 5,590

| | コメント (0) | トラックバック (1)

京都の朝空

Sora120105
2012.01.05

 粉雪が舞っている。薄い雲に覆われて日の出は見えない。でも雲の薄いところは青空が透けている。薄暗いせいかセキレイのそばまで寄っても逃げない。ケリがけりけりと鳴いている。きょうはゴミの日なのでハシブトカラスが騒いでいる。さて、帰って正月料理の余りの鯛を食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

上狛の風景 古民家

木津川アート2011出展作品 10/18
Kominka 2011.11.03/ワトソン紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市上狛

 茅葺きにトタンをかぶせた古民家が残っていた。かつては木津川を行く船の上からこうした屋根の並んだ風景が見えたことだろう。この民家は大きくはないが高い屋根のシルエットと土壁のテクスチャーがよく似合っていて美しい。ていねいに手入れなさって暮らしているようすがうかがえた。

 この一角は円成寺と木津川の土手とのあいだにある。土手ができたことで宅地化された部分だろう。阿野邸も同じ部分にある。阿野邸同様この古民家も明治時代のものなのだろう。屋根の向こう側に土手を描き込んでおいた。土手の上に木津川アートをめぐる人たちも描いておいた。

水彩スケッチ | | コメント (2) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan12010101
2012.01.01 雑煮

 根菜のみそしるにモチを入れて正月風の雑煮にしてもらった。モチは焼いてもいいが煮てもうまい。お椀の底でトロトロになっていて箸で取り上げるとウニョーと伸びる。こんなに柔らかいから食後に眠気が襲ってくるのだと思わずにはいられない。正月が眠いのはおモチのせいだ(<酒のせいだろ!)。

2012.01.01
朝体重76.60kg、3日平均77.0kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80
 サラダ60
 おもち3個入り雑煮400、漬物10
 トマトスープ2杯120、エビパエリア500、清酒105、発泡酒368 [1,903kcal]
 清酒(100ml×15%)+発泡酒(1050ml×5%)=67.5ml
 5,653

Gohan12010102
2012.01.01 エビのパエリア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120102
2012.01.02

 外は明るいのに小雨が降っていた。キャベツ畑がパラパラ音をたてるのがおもしろい。雲は薄く青い空が透けて見える。雲というより霧がかかっている感じだ。おそらく丹波高原の雪雲が京都盆地に流れ込んでいるのだろう。西山連山はかすんで見えないが、分厚い雪雲があるに違いない。雨は散歩のあいだに止んだ。黒い雨合羽のランニング少年がわたしを追い抜いていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきの思うつぼ 福岡美恵子4

Miekosan
福岡美恵子「げきぶの。」

 部室の掃除中に断り切れずに豹変する美恵子さん。この人は基本的に人の頼みを断れません。いいキャラだなぁ。早く第3巻出ないかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

聖ヨゼフ修道院門の家

Nenga2012
2011.05.31/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都市北区

 今年の年賀状の絵柄はこれにした。赤が入っているのがおめでたいと思ったからだ。旧住友家衣笠別邸の門衛所だったらしい。見たとおりの中世主義風ハーフチンバーだ。母屋もさぞすごかろうと思うが、残念ながらこれしか残っていない。門衛所と言えど小住宅の趣きがあり、そこだけロンドン郊外の風を吹かせている。

 長らく詳細不詳だったが、登録文化財にするおりに調べたものか住友営繕の設計だったことが分かっている。1920年、大正9年の竣工で、北野天神西側の住宅地のなかにある。

 担当した多久仁輔という人のことを私は知らない。さぞできる人だったのだろう。赤レンガの腰壁の高さを変えているところや、右側の出窓まわりのデザインなどほれぼれするほど美しい。フィリップ・ウェッブを思わせる日本人離れしたデザインだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瓦製香炉の獅子

木津川アート2011出展作品 9/18
Sisi
2011.11.03/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市上狛

 石地蔵の前に小さなほこらがあって、なんだろうとのぞき込んだらこいつが笑っていた。どうやら壊れた香炉の破片らしい。瓦製の獅子で躍動感あふれるかわいいやつだ。江戸時代後半のものに見えるが、石地蔵修理当時のものだとすればもっと古い。修理再建を記念するものとして大切にされているのかも知れない。この町には路傍の地蔵にも花が供えられており、こうしたものを大切にする習慣が残っているのだろう。この獅子からもそんな優しい心根を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本民家集落博物館

111210minkaen
2011.12.10/ケナフ紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府豊中市

 関大の実習をかねて服部緑地の日本民家集落博物館へ行ってきた。これは入り口に使われている河内の庄屋屋敷長屋門だ。衆議院議員だった塩川正十郞氏の寄贈による。博物館のほとんどの民家が寄贈による移築らしい。

 ここのおもしろいところは園内の民家を借りることができることだ。私たちの行った当日も中学生の囲碁会や小学生の餅つき大会、社会人向けのしめ縄教室などが開かれていて楽しそうだった。

 かや葺き民家は囲炉裏を炊かないとすぐに虫がついて傷んでしまう。ここでは囲炉裏をボランティアが管理してくれている。ボランティアの役目は管理や案内だけでなく、大根炊き大会用の畑仕事など多岐にわたる。近年までは桑を育てて蚕を飼っていたそうだ。民家を建築物としてではなく、生活文化の器としてして捉える視点に好感を持つ。

 学生たちには特になにも説明せず私はじっと囲炉裏傍に座っていた。囲炉裏の火は暖かい。途中でくべてもらった松ぼっくりが赤く輝くようすは美しかった。火があることで建築物は住まいになる。学生にとってそうした体験こそもっとも大切なことだと思っている。また行きたいな。

Irori


| | コメント (0) | トラックバック (1)

たぬきのダイエット日記

Tosikosisoba
2011.12.31 年越しそば

 丸餅1個80kcalなんだね。100gで235kcalだから3つでごはん1膳に当たるわけだ。ごはんより満腹感ありそうに思う。

2012.12.31
朝体重76.80kg、3日平均77.0kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

 シリアル130、豆乳130、みそしる80、サラミ6枚120
 おかき120
 焼き丸餅2個160、丸餅1個入りみそしる雑煮160
 そば1.5人前450、天ぷら(エビ頭3つ、マイタケ3つ)360、ニシン2切れ120、エビ小1尾40、サラダ60、ビール245 [2,175kcal]
 ビール(700ml×5%)=35.0ml
 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はつもうで

Hatumoude
2012.01.01/京都府向日市、向日神社

 朝の散歩をしても心持ちがはっきりしないので地元の神社まで初詣に行った。歩いているうちに考えがまとまってきた。

 心持ちがはっきりしない理由は、今図面を描きかけの図面が気になっていたからだった。バルコニーの納まりなど考えているうちに落ち着いてきた。

 そして今年もじたばたせず自然体で過ごせば良いだろうと考えた。精神的にも肉体的にも無理をせず、何かを成したいなどと思わずゆるく過ごしたい。後はツイッターやブログで遊んでいなさい。

 お参りの後でおみくじを引いた。四十七番の吉「さらなる望みがかない前進するだろう、それが達成されるのは遅いとしてもだ、もし重なる山々を超えることができれば、宝がおまえを待ち受けるだろう」。なんだかRPGみたいだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120101
2012.01.01

 さすが元日だけあって静かだ。車通りが少ないせいだろう。カメラを持った散歩人が多い。わたしもそんな一人に見えるのだろうな。風はまったく無く空は曇っている。モロモロとした薄い雲がかすみのようにかかってはっきりしない空模様だ。青空が透けて見えるところもあるが、日の出は低い雲にさえぎられてもよく見えなかった。私の心持ちもすっきりしない。そんな元日の朝空だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »