2011年12月25日 (日)

枚方スケッチ 蔵谷

111223hirakata
2012.12.23/ケナフ紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市

 枚方は蓮如のころ港町として再整備されている。蓮如は主要な港湾都市の別院を置いて親族を配置したが、ここ枚方へは実如を配置し順興寺を開かせた。枚方は真宗勢力の寺内町として整備されたわけだ。わたしはここの蔵谷の「蔵」とは、順興寺管轄の港湾施設だったように思う。

 蔵谷は不思議な地形をしていて、そこだけえぐられたように深い谷になっている北側は後背の山地へ続く尾根だが、南側は切り立った孤立した小山になっていて頂部に墓地がある。これは北側の尾根道からその小山を描いたところだ。ひときわ目立つ巨木が紅葉していて思わずスケッチした。あれはエノキなのだろうか。あそこへ立てば淀川が見下ろせるだろう。

 手前の住宅地が蔵の谷で、淀川からそこへ入るためにはほんの狭い地峡をくぐらねばならない。まさに海賊衆の拠点に相応しい。枚方は淀川が屈曲する港湾適地であるばかりでなく、西へ行けば奈良、渡河すれば丹波へ通じる交通の要衝だ。淀川水運支配の象徴的な拠点といえよう。

 順興寺は信長に焼かれ、枚方の海賊衆はちりぢりになった。枚方は秀吉が再興するまで焼けたまま放置されたろう。まるでカルタゴだね。風の強い日でだったのでスケッチしていてとても寒かった。そうそうにスケッチを切り上げて順興寺の跡を探しにいったが分からなかった。

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。