« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

たぬきのダイエット日記

Gohan111230
2011.12.30昼食

 リバウンド発動中。形状記憶合金のように人間の身体には現状を維持しようとする機能がある。ほぼオートマチックになっているが、なぜそうなるのかはよく分かっていない。私は体内の水分を調整しているのではないかと思うが、それとてどうやって調整しているのかは想像がつかない。想像のつかない機能によってリバウンドは発動され、こうしてバランスを取るように体重が戻る。多少戻りすぎているがな。まあ、これを繰り返すことで除除に下がっていくわけだ。

2001.12.30朝体重77.70kg、3日平均77.1kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

 シリアル130、豆乳130、ポタージュスープ80、サラミ6枚120
 おかき120
 キャベツ炒め120、みそしる2杯160、ごはん小180、菜の花辛子和え40、大根菜おひたし20
 鴨鍋360、うどん2玉530、クッキー1枚60、ビール123、清酒189 [2,362kcal]
 ビール(350ml×5%)+清酒「月」(180ml×15%)=44.5ml、測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天保山のレンガ倉庫

Tenpozan
2009.06.16/ワトソン紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪市港区築港天保山、住友倉庫

 ツイッターで誰かが天保山のレンガ倉庫を希望していたのでアップする。一番端っこなので台形平面になっており、そのため軒の高さが右へいくほど下がっている。それがまたロマネスク風で美しい。こいつらは全部で何棟あるのか知らないが、全体で中世主義風なレンガの町並みを作っているのが美しいのであって、ひとつ残せばいいじゃんという訳にはいかないことを断っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のさくらを描こう(2)

2011-12月スケッチ教室
111224sakura2
2011.12.24/ケナフ紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市

 受講生がスケッチしている間に私もスケッチする。質問があれば受けるが途中であれこれ言わない。集中している時間こそ大事だと思うからだ。

 これは公園の一番隅にある大きめの桜だ。やはり踊っているように見える。梅は枝が垂直に伸びるので、そこに取り付く小枝は四方へ自由に伸びる。しかし桜は、枝が水平に伸びるので小枝も左右交互に水平に伸びる。描いていてそんなことに気づいた。

111224sakura3
2011.12.24/ケナフ紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市

 小枝をスケッチしてみると、こいつも水平に伸びていることを発見。こいつらは小枝のときから左右に振り付けされて踊っていたのだ。植物っておもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上狛の風景 なまこ壁

木津川アート2011出展作品 8/18

Namakokabe
2011.11.06/ワトソン紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市上狛

 円成寺の北側に古い土蔵があった。明治時代くらいに見える。見事ななまこ壁で入り口まわりの細工も美しい。なまこ壁は四角い平な瓦を斜め45度に貼ったもので、継ぎ目を漆喰で固めるときにラグビーボールの形に飾る。

 私はその形が海に棲むナマコに似ているからなまこ壁と言うのだと信じているが、本当はどうだか知らない。なまこ壁にすることで建物内部への湿気流入を抑えている。なまこ壁の土蔵は用と美を兼ねた建築であって港町の華である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日空ホテルのバイキング

01 02
2011.12.27

 事務所協会の忘年会でバイキング招待券が当たったので家族で行ってきた。バイキングとか初めてなので上手にできるかドキドキしながら行った。ちゃんと背広を着て行ったが、けっこう普段着の人が多い。ほとんどが子連れで気楽な雰囲気なのでホッとした。

 上はカニ、ブリのマリネ、鴨ロースのクリーム添え、チーズにサラミと栗添え。ブリはこのバイキングで一番うまかった。カニは山盛りになっていて、こどもたちの入れ食いだった。下はミニステーキで目の前で焼いてくれる。これもうまかったので2枚いただいた。

03 04

 バイキングは2時間入れ替え制なので時間配分が難しい。がつがつせずゆっくり楽しみたいところだが、ゆっくりだとスグおなかがいっぱいになるというジレンマがある。結果的に1時間半で満腹になった。2時間粘るのは難しい。

 上は、ミニ茶碗蒸し、温野菜サラダのゴマドレッシング、鶏肉の香草揚げ。香草揚げがうまかった。下は、スズキのアクアパッツァ、ミニギョウザ、小龍包。

05 06

 驚いたことにカレーがあった。ひととおり食べたので仕上げにいただいた。甘くてコクのあるホテルのカレーだ。ビーフがたっぷり入った高級カレーだが、香辛料が利いていて大人向けだったな。

 会場にはほかに中華系の料理や寿司やスイーツ類など満載だったが、そこまで回れなかった。ホテルだから上品に振る舞わねばというストッパーが働くためか、そんなに食べられない。結果的に値段に見合った食事をしたことになった。まあ私たちは招待なんだけどね。全日空のバイキング、おいしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora1112311
2011.12.31

 霜は降りていないが、夜中に雪が舞ったようでキャベツの葉に水滴がついていた。風はなく晴れている。日の出は信楽高原の雪雲が厚くて見えない。北東にも厚い雪雲が見える。宮津のほうだろうか。朝焼けに照らされてまるで赤い氷壁だ。

Sora1112312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

冬のさくらを描こう

2011-12月スケッチ教室

111223sakura1
2012.12.23/ケナフ紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市

 屋外スケッチは寒いので、できるだけ陽の当たるところで描こうと枚方宿の北加賀公園の桜を描くことにした。木のスケッチは前からやってみたかった。

 こいつらはみな同じように右に傾いている。これは左から吹く川風の影響だろう。こずえの先がフワフワとしている。よく見ると枝が左右に交互に反っている。こうすることでバランスを取ろうとしているのだろう。

 当日配布のプリントはこれ。2名の参加者だったが、それぞれ苦労しながらも描きあげてくれた。木を描くというのはスケッチのよい練習になるのかも知れない。

05

 当日は風はなくスケッチ日よりだったが、1時間も立っていると身体が冷えてしまう。この後近くのカフェ「草々徒」で自家製しょうが湯で暖まった。このカフェはいい感じなので、これからスケッチの後はここへ来るようにしたい。

Sousouto

| | コメント (0) | トラックバック (1)

上狛の風景 弁天さま

木津川アート2011出展作品 7/18


Benten
2011.11.06/ワトソン紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市上狛

 石地蔵前の小さなほこらが弁天さまだ。弁天は河の神だから、それがあるということはここが船着き場であった証拠だ。

 こういう小さなものを大切にしているのはすごい。このあたりは修験道の影響が強かったせいか小さなほこらがほとんど残っていない。通りを歩いても、こういうものにほとんど出会わない。明治時代の修験道弾圧でたくさんのほこらを失ったのだろう。

 このほこらが残っているのは、この一角が泉橋寺と円成寺に囲まれているからだ。ふたつの寺院を信仰する住民たちが、この一角をタイムカプセルのように保存したのだと思う。そのおかげで私は今これをスケッチすることができている。

 わたしはきっと弁財天があるはずだしそれが残っていればいいなと思っていたので、これに出会えてうれしかった。朱色に塗られた扉が日の光を反射して光っていた。花が供えられているせいでそこだけポッと明るるかった。古いものが残っているのは偶然ではない。古いものが残っているのは、それを残そうとした人がいたからだ。なぜこれを残そうとしたのか。スケッチしながらそんなことに思いをはせてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora1112301
 2011.12.30

 水路の音が聞こえる。霜は降りていないが頬に触れる空気が冷たい。きょうは風がある。西の丹波高原が厚い雪雲に押さえつけられているのが見える。その雲が風に吹き飛ばされて薄いベールのようなかすみが京都盆地へ流れ込み始めている。

Sora1112302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井上秀雄著「古代朝鮮」

 おもしろかった。かつて梅原猛が聖徳太子を当時の国際情勢のなかで解き明かしたのが画期的だと思ったが、そのネタ本のような本だ。初版は1972年でこれは2004年の復刻文庫版である。

 筋金入りのマルクス史観のはずなんだが、朝鮮民族の特質を古代史のなかに読みと取ろうとするなどロマン主義的な印象が強い。昔ながらの豪族派と新しい王権派との対立を軸に古代朝鮮を鮮やかに描き出している。

 史料を自分たちの都合に合わせて利用するなと口を酸っぱくして言う。たとえば、伽耶はかつて日本の統治下にあったと百済が言うのは、援軍要請のためのリップサービスであろうこと。文書を当時の国際情勢のなかに置いて読まなければならないと強調する。なるほどね。

 井上は京大出身の歴史家で、長く東北大学で教鞭をとった。中央から自由で自主独立反骨な東北大気質がよく表れている。自由な歴史書って小気味良いよな。最初は必要なところだけ拾い読みするつもりだったが一気に読んでしまった。現地を歩いて風景を説明してくれるのも楽しい。良書である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan111229

 ようやく75キロ台が出た。なんとかこれを定着させたいところだがおそらくリバウンドするだろう。引き続き食べない方向で調整すべきなのだが、飽食のお正月がやってくる。どうすればいいのだろう(<飽食するな!)。

2001.12.29朝体重75.80kg、3日平均76.8kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

 サラミ3枚とパスタの炒め物340、玉子入りスープ140
 ごはん小180、オムレツ97、野菜サラダ40、トマトシチュー2杯160
 ナン1枚180、野菜サラダ80、トマトシチュー2杯160、ういろう1個80、ビール123 [1,580kcal]
 ビール(350ml×5%)=17,5ml、測定せず


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

京都の朝空

Sora111229 2011.12.29

 寝坊したので日が昇っている。快晴で無風。霜は降りている。このあたりを縄張りにしているモズがいたがカメラを向ける逃げてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

2001.12.28朝体重77.85kg、3日平均77.2kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

朝 シリアル130、豆乳130、オニオンスープ60
昼 カレー中華600
夜 ホッケ焼き魚200、ごはん小180、キムチ10、じゃがいも炒め80、ほうれん草おしたし40、おすまし60、ビール123、清酒756 [2,369kcal]
酒 ビール(350ml×5%)+清酒「来楽」(600ml×18%)=125.5ml、歩9,156

Curryramen
 2011,12,28、京都市、阪急大宮駅前「京一」のカレー中華

 ときどき食べるカレー中華。片栗粉のあんをかけてるのでグツグツと泡を立てている。。具は鳴門2枚といういさぎよさ。味は少し甘め。京一食堂のメニューは全て「京一うまい○○」と書いてある。だからこれは京一うまいカレー中華。おいしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

たぬきのダイエット日記

2001.12.27朝体重76.80kg、3日平均76.8kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

朝 おにぎり250
昼 玉子丼450
夜 ぶりカルパッチョ40、鴨ロース40、チーズにサラミと栗添え20、カニ120、ミニステーキ2枚360、焼きカボチャ20、茶碗蒸し小120、温野菜60、鶏肉香草揚げ120、すずきアクアパッツァ120、蒸しギョウザ2個100、小龍包40、コーンスープ80、カレーライス小300、ビール123 [2,363kcal]
酒 ビール(350ml×5%)=17.5ml、歩14,296

 バイキングへ行った。たくさん食べた。おなかいっぱいになった。最近こういうのが多い。ダイエットはどうした。

03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora111228 2012.12.28

 降霜は無いが空気が冷たい。信楽高原方面は暑い雲にはばまれ朝焼けも見えない。空はモクモクと曇りわたしの気持ちも晴れない。晴れていると空疎な気がするのに曇っているとこうだ。西山連山山頂は雪雲に煙る。息が白い水蒸気に変わり一息ごとに体内の温度が下がっていく。田にセキレイ、土手にヒヨ、遠くにハシボソカラスの声が聞こえる。竹薮にオレンジ色の風船のようなホオヅキひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

携帯版もあります

Keitai 2012.12.26

 阪急桂駅で乗り換え待ちのとき、携帯でこのブログが見られることを発見。うれしかったので写真に撮ってやった。とくに何の設定もしていないのだけど、さすがブログである。そういえばブログって何の略? ウエッブ・ログか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora11122701_2 2012.12.27

 霜が降りていた。空気が冷たい。山はときどき雪に煙りここまで粉雪を飛ばす。なぜかきょうはカラスがいない。かがみこんで霜の写真を撮ってみた。霜柱なんだ。

Sora11122702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

2001.12.26朝体重76.80kg、3日平均76.7kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

 シリアル130、豆乳130、みそしる60
 おかき2枚120
 きつねうどん450
 おかき6枚360
 刺身80、白魚天ぷら甘酢あんかけ120、小芋煮もの60、魚唐揚げ2個120、豚肉と野菜の水炊き300、うどん小180、ビール280、缶おしるこ160 [2,550kcal]
 ビール(800ml×5%)=40.0ml、11,221

忘年会だった。たくさん食べた。おなかいっぱいになった。おししかったね「と豊(とよ)」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 天満橋北市街地住宅

01 2011.12.18/大阪市

 こういうのは団地マニアの吉永健一さんに聞いたほうがいいかもね。象印のビルかと思ったら、公団の市街地型団地で低層部に象印が入っている。戦災復興期の住宅不足を背景に、土地を持つ企業とタイアップして良質な都市型住宅のストックを作ろうというした公団の作品だ。デザイン的にもよくできている。

03

 定礎に1969年とあった。戦災復興事業はいつまでやっていたのだろうか。やはり70年大阪万博が大阪の都市化の仕上げなのだろう。

 60年代の団地は、高度成長期あこがれのアメリカ風の生活スタイルだった。ただしアメリカと違って洗濯物やフトンをどこに干すかが問題だった。このタイプの団地はバルコニーが無いのが特徴だ。窓の内側に縁側のような場所があってそこに洗濯物を干す。ふとんもそこに干したのではないか。

04_2

 タイルがなかなか良い。すこしレンガっぽい色合いが四角さを強調したデザインをシカゴ派っぽく見せている。表面の焼きむらが美しく、それがファサードに落ち着いた雰囲気を与えているわけだ。この時代に焼きむらのあるタイルをわざと使うとは相当の手練れである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora111226

快晴微風。日の出直前のこの時間はなんだかそわそわする。なぜだろう。からすが騒いでいる。新快速が忙しげに通過する。そわそわする。それほど寒いわけではない。西の丹波高地から雪雲があふれてくるのが見える。みるみる山並みがかすれて見えなくなる。粉雪が舞う。初雪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきの思うつぼ マンガを売った

1年間で溜まったマンガをブックオフへ売りに行った。4000円くらいになった。次の作品は私にはなじめなかったため第1巻で終了した。忘れてまた買わないようにメモしておく。

学徒のベクトル、C9部、かへたんていぶ、レーカン、つぐもも、dearz、カイチュー、会長の切り札、電脳遊戯クラブ、学校の先生、笑って!外村さん、はらいぞ、豪デレ美少女凪原そら、カウントラブル、orz、夜桜四重奏
...............................................................

次の作品はおもしろいとは思うが何らかの理由で続きを読むには至らなかったもの。

リューシカリューシカ、空の下屋根の中
..............................................................

次の作品はある程度読んだけどもういいや、てなったもの。

そんな未来はウソである(2)、みそらら(5)、ふらふろ(2)、生徒会役員共(6)

第6巻まで読んでおいて「もういいや」もないだろうと思うがもういいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

建築探偵の写真帳 北大江公園の謎のドア

Hakkennya012012.12.24

 京阪天満橋駅の南側に10メートルくらいの崖があって、そこの江戸時代くらいの石垣がとてもいいのだが、その崖を上る階段があったので上がってみた。すると途中にドアがあった。唐突にという風でもなく、かと言って見過ごせない謎のドア。よく見ると結構丹念に作られている。もちろん昭和5年くらいに見える。階段の上は北大江公園になっていて、このドアの先は公園の地下空間のようだ。さて何でしょう。わたしは防火水槽ではないかと思うが正解は知らない。 

Hakkennya2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 枚方上之町の配水池

Hirakatahaisuiti01 2012.12.23

 大阪府枚方市の京阪枚方公園駅から山をのぼったところの住宅地のなかにあった配水池。施設の名前は分からなかったが枚方市水道局のプレートがかかっていたので現役なのかも知れない。見たとおりの昭和5年くらいの近代建築で、コンクリート製の水槽のまわりには丸窓がついていた。こういう古いものを見つけるとほくほくとうれしくなるのはなぜ。

Hirakatahaisuiti02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の研究 111223

Sora1112233

 丹波高原から京都盆地へ雪雲があふれてくるようすが京阪電車からよく見えた。西京区から伏見区へかけてみるみる内に雲に飲み込まれていくスペクタクル。無音なのがかえって迫力だった。列車が雲中へ突入していくのもどきどきした。ま、誰も気にしてなかったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枚方スケッチ 蔵谷

111223hirakata
2012.12.23/ケナフ紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市

 枚方は蓮如のころ港町として再整備されている。蓮如は主要な港湾都市の別院を置いて親族を配置したが、ここ枚方へは実如を配置し順興寺を開かせた。枚方は真宗勢力の寺内町として整備されたわけだ。わたしはここの蔵谷の「蔵」とは、順興寺管轄の港湾施設だったように思う。

 蔵谷は不思議な地形をしていて、そこだけえぐられたように深い谷になっている北側は後背の山地へ続く尾根だが、南側は切り立った孤立した小山になっていて頂部に墓地がある。これは北側の尾根道からその小山を描いたところだ。ひときわ目立つ巨木が紅葉していて思わずスケッチした。あれはエノキなのだろうか。あそこへ立てば淀川が見下ろせるだろう。

 手前の住宅地が蔵の谷で、淀川からそこへ入るためにはほんの狭い地峡をくぐらねばならない。まさに海賊衆の拠点に相応しい。枚方は淀川が屈曲する港湾適地であるばかりでなく、西へ行けば奈良、渡河すれば丹波へ通じる交通の要衝だ。淀川水運支配の象徴的な拠点といえよう。

 順興寺は信長に焼かれ、枚方の海賊衆はちりぢりになった。枚方は秀吉が再興するまで焼けたまま放置されたろう。まるでカルタゴだね。風の強い日でだったのでスケッチしていてとても寒かった。そうそうにスケッチを切り上げて順興寺の跡を探しにいったが分からなかった。

| | コメント (0)

たぬきのダイエット日記

2001.12.25朝体重76.70kg、3日平均76.5kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

 みそしる2杯160
 カブラと厚揚げの煮物120
 玉子とじあんかけうどん600、サラミ3枚120
 パエリア320、ワカメスープ2杯160、カブラと厚揚げの煮物120、ビール385、清酒105 [2,090kcal]
 ビール(1100ml×5%)+清酒(100ml×15%)=70.0ml、測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上狛の風景 古井戸

木津川アート2011出展作品6/18

Ido
2011.11.06/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市上狛(かみこま)

 円成寺の北側の路地に古い井戸があった。今は囲いがあるが、かつては道から直接使えるようになっている。港町に限らず町には必ず旅人も自由に使える共同井戸があった。ここもそうだったのだろう。

 こうした井戸は道路上にあることが多かったので、戦後次々と無くなっていった。大阪天王寺にも最近まで古い井戸が残っていたのだが1年ほど前に無くなってしまって残念だった。使われていなくても、その井戸はそこが町の中心である証拠だし、し残っているからと言って特段じゃまなわけでもない。ここは幸いにも道路上で無かったので今でもこうして残っている。超ラッキーである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

2001.12.24朝体重76.45kg、3日平均76.5kg(<82.4kg:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

 サンドイッチ350
 ジャガリコ300
 煮魚200、ごはん235、豚汁120、漬物5
 シラスと辛子菜のおろし醤油80、島ラッキョの豚味噌和え80、ビール210、清酒105 [1,685kcal]
 ビール(600ml×5%)+清酒(100ml×15%)=45.0ml、14,420

Sirasu

日本橋のヲタク街を徘徊した後で立ち飲み屋「丑寅」へ。ここはおしゃれ立ち飲み屋なのであまり行かないのだが料理は確かだ。シラスと辛子菜のおろししょうゆ。ちょっと甘くてうまかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

2001.12.23朝体重76.35kg、3日平均76.7kg(<82.4キロ:2003年4月28日、標準体重66.6kg)

 トマトシチュー120、食パン180
 フライドチキン220
 牛丼550、サラダ80、みそしる60
 チョコレートケーキ240
 枝豆80、串カツ小6本300、ビール222 [1,502kcal]
 ビール(633ml×5%)=31.7ml、11,903

Kusikatu

裏寺四条上ル「たつみ」の串カツ、おいしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora111225_2

寒そうだったので着込んで表へ出た。今朝は霜が下りたようだ。空気が冷たい。曇っているが晴れ間も見える。カラスが鳴き始めた。外の音を聞きたくて耳当てをはずした。微風。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

京都の朝空

Sora111224

外は湿った土に匂い。冷えた空気にあわてて手袋をする。霜が降りている。風はなく快晴。昇りたての日の下を快速電車が忙しげに走り抜けていく。土手でモズが2羽ガチガチ領有鳴きをしている。おはよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

京都の朝空

Sora111223_3

晴れている。月は見えない。霜は降りておらず、風はあるが弱いのでさほど寒いとも思わない。京都の西方の丹波高原には、分厚いフトンのような雲が居座っているのが見える。あのあたりは今も雪なのだろう。

Sora1112232_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

30分に1度らしい

このRSSは反映に30分かかるらしい。もう寝る。またあした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSSふたつめ設定

ツイッターへ流すためにふたつめのRSSを設定した。RSSて何だ? 画像が行くかどうかテスト。美恵子さん。

Mieko3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

再テスト

ブログからフェイスブックへは流れたのに、なぜかフェイスブックからツイッターへは流れなかった。再度試行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSS設定テスト

ブログとフェイスブックを同期させるためにRSSを設定してみた。投稿から反映まで時間がかかるのだろうか。画像とかはどうなるおだろうか。試しに蘭子でも。

Ranko


| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトルだけしか転送されないのか!でタイトルはどれくらいの長さのものまで入るのか?

ということが判明。写真の転送も無理なのか? どこかで共有できるのか? ブログとの連携は意外と難しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト3

ブログからツイッターへの転送テスト。記事作成面下の通知ボックスにチェックを入れよ。繰り返す。これはテストである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト2

ブログからツイッターへの転送テスト。繰り返す。これはテストである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト

これはテストです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »