2011年8月31日 (水)

古墳時代(6)

 今朝は時間が無いので手短に。空白の4世紀と言ってもまったく史料が無いわけではありません。百済本記などの三国史記、広開王陵碑、日本書紀など残っています。日本による朝鮮支配の根拠のひとつに上げられた広開王陵碑は日本軍が改ざんしたという説もあり、各史料の信憑性をめぐって定説があるわけではありません。三国史記は高麗が1145年に完成させた史書で、朝鮮で現存する最古の歴史書です。日本でも大きな図書館ならあると思う。梅原猛が史書と日本書紀とをつき合わせて復元した古代史はわくわくするようなおもしろさでした。

 以前は三国史記を使った年表はあまり無かったように思いますが、今は普通に使われています。わたしが今使っている「日本史年表」(東京芸大日本史研究室編、1996増補2版)も、4世紀は空白でもなんでもない。100年のあいだに10項目上げられています。それを読みながら物語を進めてみましょう。

|

妄想歴史小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古墳時代(6):