2021年4月19日 (月)

萩旅行、小さなコンクリート灯台

幕末の恵比須ヶ鼻造船所跡で小さな灯台を見つけた。戦前のものに見える。シンプルなかたちがモダンだ。コンクリートが風化したようすが美しい。

Img_0423
2021.03.18、山口県萩市

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

自作縁台でモツ味噌煮込みをつくった

あまりに天気がよいのでモツを買ってきて味噌煮込みをつくった。ボンベのガスコンロがお役立ちだ。よく煮込んで熱いところをフハフハ言いながらいただいた。もちろんうまかった。

Img_0652
2021.04.15

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

萩旅行、通りすがりに鉄筋コンクリート造の橋を見つけた

最近、アーチが路面の上にある鉄筋コンクリート造の橋があることを知った。聖橋のような上路式なら分かるが路面がアーチの下にある下路式だとアーチが壊れるのではないか。本当にそんな橋があるのだろうか、などと思っていたところ目の前にあった。うわっ本当にあるんだ、鉄筋コンクリート橋って。すごいなぁ。かっこいいなぁ。

Img_0430
2021.03.18、山口県萩市

| | コメント (0)

2021年4月15日 (木)

萩旅行、左瓦を見つけた

城下町で左瓦を見つけた。瓦桟が右にある。これを左瓦というらしい。左へ左へと置いていくから左瓦なのだろうか。風向きに応じて左右を使い分けるそうだ。瓦に左右があることを知らなかった。

 Img_0456
2021.03.18、山口県萩市

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

萩旅行、菊屋家住宅の赤い壁

菊屋という豪商は毛利の家臣で萩城下を造った家柄だそうだ。建物は江戸時代初期だそうだがどこが古いのかよく分からない。小屋組みは貫で挿し固めているので幕末のものに見えた。土壁が独特の温かい赤で中塗り仕上げがとてもよかった。こういう家を造りたい。

Img_0439
Img_0445
Img_0443
2021.03.18、山口県萩市、菊屋家住宅

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

雨の日の五重塔は怪鳥に見える

雨がふって薄暗い。傘の陰から見上げた五重塔が怪鳥に見えた。今にも動き出しそうな気がしてこわい。これって室町時代の塔なんだそうだ。思っていたより古い。光明皇后の発願だそうだ。そんなことも知らなかった。

Img_05652
Img_0564
2021.03.21、奈良市、興福寺

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

バスでしかられた話

先日バスに乗っていてしかられた。吊革につかまりながら友人と話をしていたら車内放送で「コロナ感染予防のため車内での会話はご遠慮ください」と言われてしまった。びっくりした。いつから禁止されているのだろう。最近ではどこのレストランにも対策本部の配った黙食カードが張られていて、いつしかられるのだろうかとビクビクしながら食事をしている。知らないあいだに徐々に包囲されている気がして落ち着かない。

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

全力の桜

電車を待ちながら満開の桜を見た。枝いっぱいに花を咲かせた桜は力強い。いつもの駅が違う世界のように見える。満開の桜が異世界を全力でパーンと弾けるように召喚したようなすごみがある。そんな気がした。

Img_0603
2021.03.31、京都府向日市

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

自作縁台ぐらしを再開した

陽ざしが暖かくなってきたので縁台でお昼にした。近在のタケノコとコストコのスペアリブの煮込みがうまい。庭はアジサイの新緑が陽を透かしてとてもきれいだ。緑のなかでごはんをいただくとはなんて贅沢なのだろう。

Img_0642
2021.04.09、自宅

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

シャドー 210331

この駅のこの角は何度も撮っている。モンドリアンのような幾何学模様が床面いっぱいに広がっているのだ。いつも広がっているわけではない。この時間だけだ。出会うたびに足を留める。見るたびに初めて見たように新鮮でとても楽しい。

Img_0602
2021.03.31、京都府、阪急西向日駅

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

二度見する風景

いい感じの路地があった。波型のプラスチック板で覆われているので影のない薄明りに包まれている。しかもプラ板が変色しているせいで光が黄ばんでいる。光に色がつくことなど滅多になくて珍しい。いったん通り過ぎたのだが、あれーと思って引き返してしばし見とれていた。

Img_06372
2021.04.06、京都市

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

なんば高島屋の神殿

大坂難波の高島屋百貨店は改装が重ねられていて店内を歩いても古そうなところがあまりない。ひょっとして屋上なら何かあるかもと思って行ってみたところこれがあった。これは外からも見えていたが、近くで見ると神殿みたいでかっこいい。フェンスで囲われて近づけないのが残念だがいいものを見せてっもらった。

Img_0638
2021.05.07、大阪市「なんば高島屋店」

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

釣りたぬき 小島漁港(2021.04.02)

1年ぶりに波止釣りに行った。昨年は1度しか行けなかったが今年はたくさん行けるとうれしい。

小島(こしま)漁港は水質がよくて水底まで見えるので波止釣りが楽しい。釣り具屋、トイレ、酒の自販機もあるのでとても便利。朝7時過ぎに家を出て3時間かかる。東京へ行くのと同じくらい時間がかかるが、特急ラピートの座席指定券を買っても往復で2500円と安い。安くて便利で楽しいと3拍子揃った釣り場である。漁協の売店は平日のためなのか閉まっていたので昼食が食べられなかった。次回はコンビニ弁当でも買っていく。

午前11時半に棹を出して午後6時までねばった。小アジなど21尾の釣果だった。大坂湾の水温は14度と4月後半の温かさ。そのためかアジの型が大きかった。いつものスズメダイが1尾も釣れなかった。群がっているのはスズメダイだと思うのだが。フグも釣れなかったが底のほうで15センチほどのクサフグがエサ取りをしていた。フグも例年よりも大きい。60㎝ほどのハマチが回遊していたが釣っている人はいなかった。

Img_0616
Img_0627
Img_0617Img_0622Img_0626
赤メバルの豆サイズがよく釣れた。小さすぎるものはリリースした。アジは15センチほどある。例年だともっと小さい豆アジが回遊しているはずだが小さいのは見なかった。木っ端グレもよく釣れた。

Img_0634
仕掛けはサビキでオキアミを挿し餌に使った。針はサビキ用の一番小さいもので枝糸が6本のものをいつも使っている。これだとエサ取りのスズメダイがよく釣れるからだ。夕まずめまで待ったが少し当たりが少しだけ良かったくらいでだった。

釣果は小アジ16.5~15センチが7尾、小グレが12.5~11.5センチが4尾、黒メバル12.5~11センチ2尾、赤メバル10.5~9センチ8尾の計21尾だった。とても楽しかった。また行きたい。

Img_0631
2021.04.02、大阪府岬町小島漁協

 

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

水のなかにも空がある

波が静かで夕暮れが鏡のような水面にも映っていてとてもきれいだった。水面があることで天地がひっくりかえって見える効果はとてもおもしろい。

Img_0632
2021.04.02、大阪府岬町小島漁港

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

シカを恐れよ

奈良公園のシカ注意の看板がなかなかおもしろい。イラストがかわいいいので、つい読んでしまったが内容は結構こわい。「かむ」「突進」の被害者が高齢者で「たたく」「突く」の被害者が女の子だ。怖いなぁ。

Img_0555
2021.03.21、奈良公園

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

奈良公園で五芒星を見つけた

切り株に五芒星があった。木を伐ったあとでわざわざ刻んだようだ。いったいこれは何か。ただし五芒星の向きが正しくないので呪的な意味はなさないだろう。オリエンテーリングの目印かもしれない。

ちなみに五芒星の正しい向きは下が北である。

   
西
   

なぜなら通常は☆の左が陽気で右が陰気だからだ。ネットを見ているとこの正しい向きを逆五芒星と呼ぶ者があるが、なにをもってして「逆」というのだろうか。

  土気・中立  
火気・陽気 金気・陰気
木気・陽気 水気・陰気


Img_0560

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

上京区の洋館

建築士事務所協会へ用事で行くとき毎回道を変えている。10分くらいの距離だけどいろいろ発見があっておもしろい。今回はこんな石貼りの洋館を見つけた。

石の厚みが10センチくらいなので石貼りだと思った。中身は木造だと思うがひょっとしたら鉄筋コンクリート造りだろうかね。違うよね。という逡巡を重ねながらボヤーと建物を見上げる時間が好きだ。

窓がモダンなので昭和5年くらいだと思う。入り口が大正時代風のマンサード屋根風なのはなぜか。赤い屋根がかわいい。丁寧に修理されており大切にお使いなのが分かる。
Img_0604
2021.03.31、京都市上京区

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

圓徳院北庭を初めて見て気づいたこと

高台寺のライトアップのあと隣接する圓徳院のライトアップも見てきた。観光客が少なくほぼ貸し切り状態だった。圓徳院を訪れるのは初めてである。いくつか気づいたことがあるのでメモしておく。

1598年秀吉没
1605年圓徳院(木下家の菩提寺、ねねの在所)伏見城からねねの化粧御殿と庭園を移築
1606年高台寺創建(秀吉の菩提寺)小堀遠州が作庭
1624年高台寺が曹洞宗から臨済宗へ改宗

まず高台寺庭園のふたつの池はつながっていたように見えること。中門を作った際に作り替えたのだろう。池がつながっておれば開山堂の建つ場所は蓬莱島に見える。

二つ目は圓徳院庭園は高台寺庭園とセットであろうということ。高台寺庭園の開山堂には橋がふたつ架けられているが圓徳院庭園の蓬莱島にもふたつの橋がかかっている。蓬莱島にかかる橋は普通は1本で行き止まりになっているが円徳寺庭園のように蓬莱島を2本の橋で通り抜けられるかたちは珍しい。ふたつの庭園構成がよく似ていることもセットであることを示すように思う。

三つ目は上にある高台寺が秀吉、下にある圓徳院がねねの場所なので易の「天沢履(てんたくり)」の形式に見えること。秀吉を天神に、ねねを天神を祀る巫女になぞらえているわけだ。高台寺と圓徳院はセットで鎮魂のための装置となる。

四つ目はねねは相当人気があったのだろうということ。カリスマ性が強いので政治利用を避けるために家康はねねをアジールへ隠したのだろう。高台寺あたりは現世権力の及ばないアジールだったわけだ。圓徳院の掌美術館にねねのくつしたが展示されていた。防寒用の綿入れの大きな白い足袋だった。なんだかおもしろい。

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

高台寺のライトアップを見てきた

高台寺のライトアップを見てきた。境内は空いていて歩きやすかった。湖面に写る桜がとてもきれいだった。

なぜかアサキチ(アオサギのこと)が通路を徘徊しており観光客の人気を集めていた。アオサギって夜行性だったっけ? 

池のまわりでシャクナゲが咲いているのをかみさんがいぶかしんでいた。シャクナゲの花期はもう少し後なのだそうだ。どうやらライトアップのせいで早咲きしたらしい。電照シャクナゲである。

Img_0606
2021.03.31、京都市、高台寺

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

紫外線殺菌灯って知ってる?

紫外線殺菌灯とは紫外線を使って消毒を行う蛍光灯のようなもののことだ。医療機関でよく使うものらしい。どこかの公衆トイレに壁付のそれがあった。そんなものが広いトイレにひとつだけでは効果はなかろうに。

で、そのときわたしは紫外線殺菌灯を初めて見た。なんだろうと思ってしばし眺めていた。妖しい青い光が吸い寄せられるように美しい。

すると光の出ている部分の下に小さな文字でなにか書かれている。なんだろうと思ってつつっと近づいた。最初の「注意」という文字は読めたが他は小さすぎて読めない。わたしはさらに顔を寄せて小さな文字を読み取ろうとした。ぎりぎりまで近づいて文字をじっと見つめたところ、ようやくそれが読めた。そこにはこう書かれていた。

「注意 目を傷めるおそれがありますので見つめないでください」

 

| | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

近づかないでください

いかに自分がアホであるかという話をしているわけだが、これは直しようがないし今さら直したいとも思わない。どうしようもないことはどうしようもないのだからどうしようもないわけだ。それでも自分がアホだという話にだけコメントが集まるというのことには複雑な思いがある。でも自分がアホだというのは事実なので続きを書くしかない。

ある時ある美術館でなかなかよい絵を見ていた。コラージュがすかしていて味わい深い。

「ふむふむ、なかなかよい絵だと思うぞ」

そうやってその絵に見入っていたときに絵のなかほどに小さな字でなにかが書かれていることに気づいた。そのとき私は絵から1.5メートルほど離れて見ていた。それでは文字が読めないのでつつっと近づいたわけだ。絵に顔を寄せたが遠視なのでよく見えない。わたしは舌打ちしながら眼鏡をはずして目をこらした。そのとき背後から声をかけられた。

「おそれいります。絵にあまり近づかないでくださいますでしょうか」

わたしが眼鏡をかけ直して振り返ると困惑気味な笑顔を浮かべた係員が突っ立っていた。さて困惑するのは私のほうだろう。絵に触るわけではないのだから目を寄せても作品には無害ではないのか。

「いや、文字が小さいので近づかないと読めないのですが」
「おそれいります。当館では決められた線の内側には入れないことになっております」
「……せん?」

「線」てなんだ? この美術館に「線」なんてあったっけ? もう何度も訪れているがそんなもの見たことがないぞ。
けげんな表情を浮かべていると係員はおそるおそる私の足元を指さした。足元を見下ろすとなんと自分の足が白線を履んでいるではないか。
これはまったくの不覚であった。この美術館には「線」があったのだ。展示壁面から50センチほど離れて引かれた白線は壁沿いにずっと続いているのだった。

「これはすみません。気づきませんでした」

ここで「気づきませんでした」というのは、こんな分かりにくい線を引く美術館のほうが悪いという意味なのだが、使命を果たした係員にはこの皮肉が通じなかったようだ。心底ほっとした笑顔でこう締めくくった。

「ご協力ありがとうございます」

あんたはいいだろうけど、私は小さな文字を読まないことにはこの作品の理解が進まないんだよ、と言いたかった。心底言いたかった。わたしの美術鑑賞と「線」とどちらが大事なのか。もちろん美術鑑賞のほうが大事だろうと。それこそ美術館の存在意義だろう。でも社会は決してルール違反を許さない。そのことを知っているわたしはそうそうと鑑賞をあきらめて美術館を出た。それ以来その美術館へは行っていない。

美術館は嫌いだ。

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

実は美術館でよく注意される

実はわたしは美術館や博物館でちょくちょく注意を受ける。

たとえばメモを取ろうとして注意を受けたことがある。ノートを開いてシャーペンを取り出したところで背後を取られた。

「おそれいりますがシャープペンシルのご使用はご遠慮ください」
「えっ? インクを使わなければいいのじゃありませんか?」

ここでお互いに顔を見合わせることになる。美術館でインクの筆記具、つまりボールペンなどを使うことはダメだ。インクが散って作品を汚す可能性があるからだ。でもシャーペンならいいだろう。なぜダメなのか。

「申し訳ございません。当館では決められた筆記具しかご使用できない決まりになっております」

ああそうか! 「決まり」ならしょうがない。ルールには誰も逆らえないのだ。この美術館では普通にメモを取ることもルール上許されないのだ。

「わかりました。ではその指定された筆記具を貸してください」

係員が遠慮がちに差し出したのはゴルフコンペでスコアに記入するときに使うようなプラスチックの先に長さ数ミリの鉛筆の芯が埋め込まれたクリップペンシルだった。

これを筆記具を呼ぶのは文房具に対する冒とくではないかと思ったが黙って受け取った。問題なのはクリップペンシルが文房具なのかどうかではなくシャーペンとどこが違うのかということだろう。なんだか世の中がどうでもよくなってくる。

それからは最初にクリップペンシルをもらうことで注意されることを回避してきた。いくらわたしでも多少は社会性というものを学ぶのである。ところがその努力をあざ笑うようにわたしはまた注意を受けるのだった。その話はあした。

| | コメント (0)

2021年3月24日 (水)

博物館で2度も注意された

マスクを鼻までかけろと係員から2度も注意された。マスクを鼻までかけるとメガネが曇るので鼻先にかけているのだが、鼻が低いのですぐズリ落ちるのだ。

「おそれいります。マスクを鼻までおかけください」

さすが国立だけあって言葉使いが丁寧だ。丁寧だが反論を許さない同調圧力を感じる。わたしは同調圧力が苦手なので眉をひそめるが、そもそも反論の余地もないので素早く黙ってマスクをあげる。

おもしろいのは係員が注意するとき両手にもったA3サイズの説明パネルを見せることだ。正しいマスクのかけ方をイラスト付きで示したもので3ヶ国語の説明書きがある。

お前は正しいマスクのかけ方を知らないのだなと言わんばかりのパネルなので、知っていることをアピールするためにできるだけパネルを見ずに素早くマスクを上げることになる。何も持っていないよりは効果抜群だろう。いまいましい限りだがよくできている。

それ以降、パネルをこちらに見せながら近づいてくる係員に気づいた時点でマスクを鼻まであげるようになった。それなのに2度目の注意を受けた。背後を取られたのだ。みんなも気をつけてね。

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

特別陳列「帝国奈良博物館の誕生」メモ

奈良の博物館で図面を展示していると聞いて行ってみた。やっぱり図面がおもしろかった。気づいたことがあるのでメモしておく。

<工法について>
・壁厚みをレンガ何枚というときのレンガの向きはタテであること。これは前からどう数えるのか分からなかったのですっきりした。
・それからレンガ壁下のコンクリートのことをコンクリート基礎と書いていたがあれは地業の一部ではないのか(そのうち調べてみる)。
・あと外壁の黄色い部分はレンガ素地に黄色い漆喰仕上げだそうだ。
・濃尾震災のあと耐震レンガ造にしたそうだ。開口部の上から軒まで鉄骨が入っているとあったが、京都府立図書館のように開口部の上に平鋼で補強しているのではないかと思う。

<かたちについて>
・雨仕舞いをよくするためにトップライトをガラス屋根から今のような風呂屋風のボックス型に変えたそうだ。そのためにシルエットが下手になっている。下写真のように屋根上のトップライトが無い方がすっきりして本来のかたちがよく分かる。これはもう少し考えてもよかったと思うが、その時間がなかったのかも知れない。それほど建設を急いでいたともいえる。

<宋兵蔵について>
・発注元の現場担当者の宋はわざわざ京都から通っていたようだ。なぜだろう。京都にほかの現場があったのだろうか。これは宋の年譜を見れば分かるのかも知れない(そのうち調べてみる)。
・ほかに内匠寮監査課の山本吉治郎という人物が書類に出てくる。これは山本治兵衛の縁者ではなかろうか。治兵衛のお父さんの山本治良兵衛とも名前が似ている。山本家はもとから内匠寮を立ち上げた立川知方の立川流の流れだったのかも知れない。

<図法について>
・石工用の装飾図(原寸)を初めてみた。筆でフリーハンドで描いている。なかなかうまい。こういう仕事がしてみたい。

Img_0557
2021.03.21、国立奈良博物館

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

雨の南円堂はとくによい

雨の昼下がり、境内に誰もいないので大好きな南円堂を独り占めだ。それがうれしくてスケッチした。道具がないのでノートにシャーペンだ。手水舎の下で雨音を聴きながら描いた。なんて贅沢な時間なのだろう。

210321
2021.03.21、興福寺南円堂(奈良市)

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

萩の下横瀬公民館

元は明木(あきらぎ)村立図書館(1928)で1959年に現在地へ移築されて公民館となった。縦長の窓は部屋の奥まで光が届くので明るい閲覧室だったろう。花壇にちょうど黄水仙が咲き乱れており今も大切に使われていることが伝わる。幸せな建築である。背の高い下見板張りの建物で赤い石州瓦がかわいい。

210319
2021.03.19/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/山口県萩市

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

萩の反射炉を見てきた

反射炉を初めてみた。森のなかに煙突だけ残っていたのを1926年に史跡に指定し保存している。安山岩積みの壁がなかなか圧巻だった。来てよかった。

反射炉は図のように炉の天井を凹レンズのように湾曲させて火力を集中させる構造らしい。実物を見て反射炉の仕組みが初めて分かった。現在炉の部分はほぼ崩れているが残った部分を見ると円筒型の焼き物をドーム状に積んでいる。炉内に向けた円筒の頂部が釉薬をかけたように光っていた。反射させるためだろう。萩焼の登り窯の技術を援用しているように見える。そういえばモデルとした反射炉のあった佐賀藩も陶芸がさかんだった。佐賀も萩も、もともと火を使う人々だったわけだ。

Img_0415
2021.03.20、萩反射炉1856
210320




| | コメント (0)

2021年3月19日 (金)

安芸の宮島は鬼が島のようだった

宮島SAの展望台から異様なかたちの島が見えた。鬼ヶ島のようだねぇと話していたらこれが宮島だった。中央の高い山が弥山(みせん)というそうだ。弥山は須弥山のことだろう。世界の中心にそびえて天地をつなぐ生命の山である。

この山の真下に入り江があり有名な厳島神社がある。厳島の「いつく」は「斎(いつ)く」だろう。天神を斎く巫女の島なわけだ。巫女は八卦の沢だから天沢履の易卦を体現している。天沢履とは最高の安全を意味する。

この島は標高が535メートルもあり瀬戸内海では小豆島(817)に次いで高い。遠くからでもよく見えるこの島が古代より航海安全の守護であったことが少しわかった。

Img_0412
2021.03.17、宮島の遠景

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

萩の旧明倫小学校

かの吉田松陰も教えた藩校「明倫館」を受け継いでいる。昭和10年の建物で見かけは洋風だが細部は和風という「和魂洋才」を絵に描いたような建築でおもしろい。同じ長さの校舎が4棟並ぶ連棟式校舎で一時は児童3000名もいたという。なぜ萩がそれほど人口が多かったのだろう。2014年に小学校は隣接する新築校舎に移転し。ここは観光拠点として順次整備されている。ミュージアムがあるがなかなか見ごたえがあった。さすが萩である。

21031
2021.03.18/ワトソン紙はがきサイズ、グラフィックペン0.3、固形透明水彩/山口県萩市「旧明倫小学校」

| | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

武田的ディテール(22)和風な洋風

玄関まわりに雷紋がある。これはギリシャ雷紋をアレンジしたものだ。一方、法隆寺には卍くずしの高欄がある。それは卍(まんじ)を崩したものだと言われている。ためして組み合わせてみた(下図)。あまりうまくできない。なぜこれが卍くずしなのか誰か説明してほしいものだ。

ともかく雷紋は東洋と西洋に共通の紋様であり、なんらかの東西交流の痕跡と考えられていた。武田が繰り返し使う風車模様も雷紋だったのかも知れない。東西両文明の融合を考えていた武田らしいではないか。実はこの建物は正面に雷紋を張り付けているのである。それはあした。

Dscf10722
2011.05.24、旧京大建築学教室
1105244
1105245

| | コメント (0)

«武田的ディテール(21)和風な洋風