2019年7月19日 (金)

ゴーヤを収穫した

 グリーンカーテンのゴーヤが大きくなったので食べてみた。ちゃんとゴーヤの味がしてうまかった。次のゴーヤもでき始めている。この夏はゴーヤをたくさん食えるのが楽しみだ。

Img_6135
Img_6143
Img_6146
2019.07.18

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

さて景観的にどこがおかしいでしょうか

 電線が地中化されたおかげで街並みがよく見えるようになった。こうしたゴチャゴチャした感じが欧米人の思い浮かべる日本のイメージだ。統制がなく個別のデザインが群れている。それはアジア諸都市の特徴だが、その延長線上に日本文化があることをまず自覚せねばならないだろう。

Img_5883  
2019.06.13、京都市左京区下鴨

 さて、いま京都で行われている景観規制は屋根の形状に関する規制と外装材の色と素材の規制の二本立てだ。ここは沿道美観地区なので形状規制はなく色彩規制だけだ。今の条例に基づいてこれを修正すれば下のようになる。

 単に彩度(色の鮮やかさ)を落としただけである。これでいいのか。

Img_58832

 さらに過激な景観論者は沿道美観地区といえども高さを揃えさせることは当然だと主張するだろう(しかも声高に)。高さがそろっていないことが都市景観の混乱の根源であり、個々のデザインをわざわざ規制しなくともスカイラインを揃えるだけで最低限良好な景観を手に入れることができると。

 するとこうなる。

Img_58833

 これはこれでおもしろいが、景観論者を納得させるほど統制がとれているわけではない。むしろ個性が並列化されたがゆえの混乱がある。これは「九龍城現象」と名付けてもよいかも知れない。

 長くなったので続きはいずれ(ニーズはないと思うが)。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

芸術配管 190614

Img_5890 
2019.06.14、京都市

 久しぶりの芸術配管シリーズ。複雑に見えておもしろい。親メーターがふたつ、小メーターがひとつある(左上の色の違うのが小メーターだ)。それらを繋ぐとなぜこうなるのか。

Img_6133

 普通に考えると上図のようになるだろう。親子のヒエラルキーがはっきりしていて無駄な配管もない。そうしなかったのはこれが増設の結果だからだ。ではどれが増設されたのか。おそらく左下の親メーターだろう。そのために元あった親メーターを下へずらして配管スペースを確保した。同時に元あった親メーターも新しいものに取り換えたので左上に古いメーターが残った。

 ちなみのこの改造は建物の利用形態の変化が原因だろう。たとえば最初の親メーターは住宅用で子メーターは店舗用というような使い分けをしていたところ二世帯住宅に変わったので親メーターを増設した、というような事情だったかもそれない。複雑なものは見かけもおもしろいが、その理由を考えるのも楽しい。

Img_61332  

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

自作縁台にスダレをかけた

 今年もスダレをかけた。竹で継いで支柱にした。縁台に座ると涼やかで楽しい。縁側生活を復活させたい。

Img_6131
Img_6129
Img_6132
2019.07.15

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

「つぼつぼ」という模様を見つけた

 現場の近くによさげな和館があって、その2階の腰掛窓のパネルに「つぼつぼ」の透かし彫りがある。現場の行き帰りにいつも見ている。とてもかわいい。ちなみにつぼつぼは茶壷をイメージ化したもので茶道を象徴するという。和館の主が茶人であることを表しているのだろう。

Img_61072
2019.07.09、京都市

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

お地蔵さんをスケッチした

 路地の奥に立派なお地蔵さんがあった。いまも大事にお祀りされていて清々しい。これで5分くらい。

190713
2019.07.13/クロッキー帳A4、0.5シャーペン2B/京都市

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

サラオ「大人のチキンライス(とろゆばアラビアータソース)」

 表面がパリパリの鶏肉のなかにチキンライスが入っている。この店オリジナルの料理だ。ソースが6種類ほどあってそのなかから自由に選べる。これはクリーム状の湯葉を混ぜ込んだトマトソース。ゆるい酸味が薄味のチキンライスとよく馴染んで鶏肉の旨みを引き立てる。とてもおいしい。

Img_6076
2019.07.05、地下鉄京都市役所前駅最寄り「サラオ」

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

雨のなかで祇園祭スケッチ演習をした

 今年も鉾建てのスケッチに出た。30名の学生が2時間ほど鉾町に散らばって描いた。雨の日には雨の日にしか描けないスケッチがある。それはそれで貴重なスケッチとなるのだ。集まった30枚のスケッチはどれも個性的で楽しい。

Img_6113

Img_6114 Img_6110

Img_6116

2019.07.11、京都建築専門学校「意匠演習」

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

雨の月鉾をスケッチした

 雨のなかでスケッチした。傘で前がよく見えないしスケッチブックは濡れてきて鉛筆がのらない。もどかし気で濡れた絵ができあがった。雨の日には雨の日にしか描けない絵があるのだ。そこがおもしろいところ。

Img_6112
2019.07.11/スケッチブックA4、4Bホルダー/月鉾

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

法金剛院には植物園があった

 早朝開門と聞いたので行ってみたのだがその前日だった。駅前で時間をつぶして9時に入った。池のハスはまだほとんど咲いていなかった。開花済みのハス鉢がたくさん並べられていて珍しいものもあって楽しませてもらった。

 ハスの咲いていない葉っぱだけのハス池も圧巻だった。大きなハスの葉が太陽光で半透明に輝くようすはまるで緑の魔境のようだ。ハスは葉っぱと花とが別々に出てくるので同じ植物には見えない不思議な植物だ。さわさわと風に揺らぐ葉の波の上に数百個の打ち上げ花火のようにつぼみが首を出しているようすは生まれたての銀河を見るようである。

 法金剛院は平安時代の学者にして政治家の清原夏野の別邸だった。彼は植物学の研究をしていたようで別邸に植物園を作った。それが花園という地名の由来だという。わたしは植物に魅入られた人物に興味がある。大山崎山荘でランを作り続けた加賀正太郎のようにどこか人間界から超越したところを持っているように見える。清原夏野も政界で成功しながらも実際はそんな人物だったのではないか。

 いったい「花園」とはどんなものだったのか。今ある庭はそれから300年後に造られた浄土庭園の名残だ。池は今の何倍も大きかったようだ。その浄土式庭園と清原の植物園との関係は分かっていない。わたしは清原の花園は寝殿造り庭園の池のまわりに季節の花や珍しい木を植えたものではないかと思う。今ある浄土式庭園を造るときまだその池は残っていたのではないか。ならばこの池は清原の花園の名残ということになる。

 池の土壌を調べれば大唐帝国わたりの珍しい植物の花粉がひょっとしたら残っているかも知れない。まあそんなことせずとも、このハス葉の圧倒的な迫力を前にすれば清原の見ていた花園もおのずから想像がつくというものかも知れない。


Img_6057
Img_6058
2019.07.05、京都市花園「法金剛院」

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

ハス池を描いた

 植物園でスケッチ教室をした帰りハス池に寄った。大量の白蓮が咲き誇っていて、これってどう描くかと受講生が訪ねるので描いてみた。絵の具はしまっていたので色鉛筆で彩色した。これで8分。

Img_6088
2019.07.06/マルマンスケッチブックA3、グラフィックペン0.5、色鉛筆/京都植物園

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

植物園でスケッチ教室2回目

 建物より植物のほうが個性的になるように思う。前回参加できなかった方のためにもう一度植物園へやってきた。入園料200円でゆったりした気持ちにさせてくれる。次回は京都御苑でもういちど木を描く予定。

次回スケッチ教室 8月10日(土)10:00-12:00、町家カフェ満月の花集合
初心者歓迎、体験無料、道具もあるので手ぶらで参加できます
http://tanuki.la.coocan.jp/tanteitop.html


Img_6085
テラスを借りてスケッチ

Img_6084
お茶タイム

Img_6086
受講生作品、それぞれ個性化しはじめていておもしろい

Img_6087
2019.07.06/マルマンスケッチブックA3、グラフィックペン0.5、透明水彩/京都府植物園

| | コメント (0)

ゴーヤができた

 夏至のころに実がついた。少しずつ大きくなっている。今年のグリーンカーテンは琉球スズメウリをやめてゴーヤとアサガオにした。どんなグリーンカーテンになるのか楽しみである。

Img_6090

Img_6091
2019.07.08

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

三条大橋を描いた

 川べりで昼寝をして目が覚めたところ、目前の三条大橋が描けるような気がした。最近大きめのスケッチブックを持っているので横長のものでも画面に入るような気がした。描き始めてみると特に困ったこともなくするすると描けた。天気がよくなってきて気温が上がったが川風がとても気持ちがよい。これで30分。A3スケッチブックはおもしろい。

Img_6089
2019.07.06/悪マンスケッチブックA3、グラフィックペン0.1、透明水彩/京都市三条大橋

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

ナマズの欄間を見つけた

 ナマズの欄間を初めて見た。なかなかかわいい。中根金作の作庭した余香苑の門にあった。ここ退蔵院には「瓢鮎図(ひょうねんず、鮎=鯰)」という如拙の描いた有名な絵があるのでそれにちなんだものだ。よく見てほしい、鯰の背後にはちゃんとヒョウタンがある。よくできている。

Img_6062
2019.07.05、建仁寺退蔵院余香苑

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

白蓮が咲いたよ

 今年最初の白蓮が咲いた。「瑞光蓮」という品種で直径が20センチもある。これ一輪で自庭が別世界になったようだ。昨年より10日ほど早い。やはり今年は暑いのだろうか。これだけ開いているのに夕方にはつぼんでしまう。なぜ閉じるのかは分からないが、つぼんだほうが雨に強いのでそのためかも知れない。開閉を繰り返して3日間咲き続ける。

Img_6043
2019.07.04

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

瓦の継ぎ目がおもしろい

 のし瓦を3段積んでいる。その継ぎ目を漆喰で固めているが、それが模様になっているのを初めてみた。ひとつは丸型でもうひとつは扇型だった。坂本の左官さんは遊び心があって楽しい。

 ちなみに円は金気なので水気を呼んで防火となる。扇は末広がりでおめでたい。

Img_6011

Img_6010
2019.06.28、滋賀県大津市坂本

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

ノーゼンカツラは1日にいくつ咲くか

 マンション自庭のノーゼンカツラが6月中旬から爆発的に咲き始めた。華が道路側にボタボタ落ちるので毎朝の花拾いが日課となった。拾うときいくつ落ちているか数えている。落花は毎朝100個ある。それが10日ほど続いたから1000個だ。これほど咲いていたとは知らなかった。今朝は30個に減っていた。夏至あたりがピークだったようだ。これで一旦策終わり、夏の終わりにもう一度咲く。いったい1年でいくつ咲くのだろうか。

 

Img_6036
2019.07.02

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

滋賀院で波乗りウサギを見つけた

 波乗りウサギを発見してテンションがあがる。下にはトリの彫刻もある。どちらもふっくらとして愛らしくしかも動きの感じられるよい作品だ。暗くてよく見えないが目が赤いのは分かる。赤色だけ退色せず残るのは珍しいのでガラス玉でもはめ込んでいるのかも知れない。

 写真を拡大して分かったが2匹とも振り向きだ。ウサギは追っかけ(陽気)と振り向き(陰気)でセットが基本だが、わざわざ振り向きで揃えたのはここが霊廟だからかも知れない。

 下のトリは鳳凰かと思ったが写真で見るとトサカがあるのでニワトリだ。ニワトリの欄間も珍しい。ニワトリが方角の酉を表すとすれば金気の象徴となりやはり陰気である。

 いま気づいたが、ウサギが方角の卯を示すのならニワトリの酉と合わせて東西の陰陽がそろう。よくできている。

Img_6027

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

日吉(ひえ)造りを始めて見た

 日吉大社には本宮がふたつある。これは西本宮だ。

 屋根の後ろが写真のようにめくれあがっているのが日吉造りだ。3間×2間の祭壇部分の正面左右に側廊下を付けたプランで、それに屋根をかければ後ろに廊下部分がないためにこうなる。流造りの正面左右に側廊下を付けたタイプとも言える。なぜこのような形式ができたのかは不明だ。日吉信仰は慈眼大師のひろめた山王神道の本拠地だから宗旨に応じた理由があるのだろう。

 ここは本殿だけではなく鳥居も特殊なかたちをしている。日吉(ひえ)鳥居とか山王鳥居とかいうらしい。これもなぜこのような形なのかは分かっていない。単に山という字をかたどったようにも見えるし、王の字のように天地人の三才を示すようにも見える。本殿といい鳥居といい謎めいていて素敵だ。

Img_6013

Img_6014

Img_6012
2019.06.28、滋賀県大津市坂本

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

慈眼(じげん)堂の石燈籠がよかった

 竿の上下がマカロンのような菊花となっている。笠が大きくてキノコのお坊さんたちのように見える。菊花部分が円形なのに竿が四角いので正面性が強まり、きっちりと並んでいるような印象を与えてくれる。なかなかよくできている。

Img_6021 

 慈眼堂は黒衣の宰相南光坊天海として知られている慈眼大師(じげんだいし)をまつる霊廟である。大きな墓があり十三石仏が護っている。13は金気の数字だ。墓地は金気で飾ることが多い。金気か四季で言えば秋であり実りの季節だ。植物が死んで実や種を残す。生が死と入れ替わる季節である。墓地が金気で飾るのはそんな意味があるように思う。

Img_6022

 さて、図のように慈眼堂だけ南向きとなっているのが謎だ。墓も滋賀院の仏堂も遠州作の庭でさえ東向きなのになぜ慈眼堂だけ南向きなのだろうか。いくつか思いつくことはあるが大切なことであるように思うのでゆっくり考えてみる。

Photo_20190630075001

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

旧竹林院の庭を見てきた

 滋賀県坂本の旧竹林院の庭を見てきた。ネットにした写真のような反転像があがっており見たくなったのだ。磨き込まれた床に緑が映えることはあるが、これは大型の座卓の上面に庭がに映りこんでいた。さっそく自分も撮ってみる。鏡の国のアリスの気分だ。

 もとは比叡山の里坊(さとぼう)のひとつだったのが明治期に人手に渡ったという。現在の2階建ての座敷は明治以後に建てられたものだそうだ。写真は2階の座敷で撮った。

Img_5993

 植治のような回遊式庭園だが年代不詳。中央に赤松と黒松を配して陰陽を整えている。植治はこんなことしないだろう。しかし江戸時代の庭かと言えばそうでもない。紅葉と枝垂れ桜を対にしながら位置が東西逆転している。江戸時代にこんなことはしないだろう。ある程度江戸時代の庭が残っていたのを明治になって改造したのではないか。

Img_5999

 雨上がりのためコケが一面輝いていた。濡れた土の匂いと湿った緑の香りが風にのって庭を吹き渡る。とても気持ちがよい。

Img_6004

 庭に茶室がふたつあるため露地あり待合ありと茶庭の趣が深い。点在する石灯籠もおもしろいものが多かった。歩いて楽しい庭である。

Img_5997

 庭を東の端から見ると梢越しに八王子山が見える。山頂にある日吉神社奥の院の舞台づくりがよく見える。画面左側の滝組もよく見える。現在この眺めを楽しむ座敷はないが本来ここがこの庭の正面だったのだろう。ここから見ると奥の院が桃源郷のように見える。やはり不思議の国のアリスの庭である。

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

八坂の塔メモ

 たまたま開いていたので拝観した。拝観したいと思いながら公開が不定期なのでラッキーだった。考えたことをメモしておく。

 ここは聖徳太子が如意輪観音の夢告により創建したという。仏舎利3粒を塔に納めたそうだ。ご本尊は五智如来。正式な寺名を霊応山法観寺という。現在の塔は室町時代に再建された4代目。パンフレットによると主な歴史は次のとおりだ。

589年  聖徳太子創建
1179年 清水寺衆徒と祇園神人の争いにより類焼 1191年源頼朝が再建
1240年 建仁寺八世済翁証救が入山し禅宗となる
1291年 落雷により焼失 1309年後宇多院の援助により北条貞時・山内円成尼が再建
1336年 焼失 1450年足利義教が再建

 水生木の観音の聖地
 聖徳太子関係の寺は「法」がつくことが多い。法は水を去ると書くので水を克す、つまり土気だ。塔は仏舎利という釈迦の骨を埋めた墓なので巨大な土気である。塔に五重が多いのも5が土気を示すからだろう。寺は墓であり土気であることを「法」は示すように見える。ご本尊を五智如来としたのも5にちなんだのかもしれない。

 わたしは飛鳥時代のひとびとは寺を土用と考えていたと思う。土用はほかの4気をさかんにする。金気の薬師を本尊とすれば金気の神がさかんになって疫病除けとなるし、木気の観音を当てれば木気がさかんになって子安に役立つ。この場合は如意輪観音なので子安だろう。仏舎利3粒の「3」は木気を表す数字だし。八坂の八もやはり木気数8に通じる。

 ご本尊と太子堂の関係
 塔内は極彩色の板絵で飾られる。宇治の平等院鳳凰堂と同じ雰囲気だ。柱まわりに五智如来の4体がまつられる。中央の柱が5体目の大日如来なのだろう。仏像はいずれも焦げたような跡があり手がとれていたりするので被災したことが分かる。つまり塔より古い。

 なぜか北側の仏像だけがひときわ大きかった。塔の北側には太子堂があり3歳の聖徳太子像がまつられている。北は水気の領域であり3は木気の数だから水生木の相生の関係を表しているように見える。このことは太子堂創建と塔内に五智如来をまつったときとが同時であることを示す。そのころにはもう金堂や講堂は失われ塔しか残っていなかったのだろう。塔だけを再建して五智如来をまつり小さな太子堂を添えて聖徳太子の遺徳をしのんだわけだ。

 木曽義仲の墓
 驚いたのは木曽義仲の首塚があったこと。平家を京都から追い落とした立役者。朝日将軍とほめそやされるが2か月足らずで追討され三条河原に首をさらした。遺臣がそれを引き取りここに供養したという。希代の戦術家でありながら政治に敗れた若きヒーロー。彼にここで出会うとは思わなかった。

 これは御霊なのだろう。八坂の塔の南側の旧清水小学校のあたりが轟(とどろき)川の河原だ。そこは成仏できずにこの世にとどまる御霊の領域だ。八坂もまた死と誕生の境目にあるのだろう。

Img_5914
八坂の塔から東を望む(2019.6.16)

| | コメント (0)

建築専門学校で木のスケッチ演習をした

 御所で木を描く。小雨が降っていたが結構した。絵の具が乾かなくてにじんだり流れたりする。雨の日には雨の日にしか描けないスケッチがあるのだ。そこがおもしろい。

Img_5987
2019.06.27/A3スケッチブック、グラフィックペン0.5、透明水彩/京都御苑
Img_5978
絵の具を使う学生たち
Img_5989
学生作品

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

設計課題の敷地をスケッチした

 1年生に「場の設計」というポケットパーク的な課題が出た。この駐車場部分が課題の敷地だ。敷地のようすを確認するためにスケッチしてみた。旧街道に面した三角形の敷地なのでまわりのビルがみんな斜めになって敷地に突き刺さるようだ。わたしだったら敷地を少し掘り込んで滝をつくるかな。

Img_5944
2019.06.19
Img_5975 
2019.06.27

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

アイスコーヒーをつくった

 東京へ嫁いだ娘から父の日のプレゼントでコーヒー豆をもらった。3種類のなかに苦くて香りのよい豆があったので150グラムほど挽いてアイスコーヒーにした。冷やしてミルクを多めにすると涼やかで香りのよいアイスコーヒーになった。毎日少しづつ飲んでいる。ありがとう。

Img_5964
2019.06.22

| | コメント (0)

机の整理

 机を片づけた。もともと机には何も置かないルールだったのだが、いつの間にか物置きと化してしまった。製図板も置けなくなってきたので一念発起して片づけた。気持ちがすっきりした。机が片付くと新しいことを始めようという気持ちが湧いてくるから不思議だ。

Img_5821 Img_5823
2019.06.10

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

落水荘を2点パースで描いた

 初めて描いた。滝が板状の岩を重ねたようになっている。変成岩の節理なのだろうか。その棚のような岩の層の上にバルコニーを重ねている。滝の一部として設計されていることが分かる。バルコニーが数メートル突き出していることで軽やかな外見を得て滝とうまくなじんでいる。問題なのはこのバルコニーをどうやって支えているかだ。わたしは手すりが梁になっているのではないかと思っている。このあたりは現地で確かめないと分からない。

Img_5973
2019.06.24/ワトソン紙A4、0.5シャーペン2B、透明水彩/落水荘

| | コメント (0)

豚肉とトマトの炒め物

 豚肉の旨みとトマトの酸味をカタクリ粉がとろっとまとめて味わい深い。トッピングのペクチー(香草)は庭で採れたもの。摘みたての香りが食卓に満ちる。

Img_5958
2019.06.21

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

スペイン風オムレツ

 トマトや万願寺トウガラシを混ぜ込んだカラフルなオムレツ。野菜のうまみが玉子とよく馴染んでうまい。下はウズラ豆のポタージュ。冷たくて甘い。パセリは庭で採れたもの。

Img_5939
2019.06.18

| | コメント (0)

«一点パースで多宝塔を描く授業